体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山下達郎『CHEER UP! THE SUMMER』リリースインタビュー【前編】

山下達郎『CHEER UP! THE SUMMER』リリースインタビュー【前編】

 現在、CX(フジテレビ)系にて放送中のテレビドラマ『営業部長 吉良奈津子』。松島菜々子が演じる、産休を明けで広告代理店に復帰した“新米”営業部長を主人公としたドラマは、過程と仕事の間で揺れるキャリアウーマンの困難を描いた内容で話題を呼んでいる。

 そんなドラマの主題歌として流れるのが、山下達郎の「CHEER UP! THE SUMMER」だ。フロアタムを多用した力強いビートに、爽やかなシンセサイザーのコードとコーラスが重なる、まさに山下達郎印のサウンドの中にも、ビターな感触を残した一曲。果たして山下はどんなことを考えて同曲の制作に当たったのだろうか? Billboard JAPANでは山下の貴重なオフィシャル・インタビューを入手。前後編に渡ってお届けする。

<山下達郎『CHEER UP! THE SUMMER』リリースインタビュー【前編】>

――『CHEER UP! THE SUMMER』は達郎さんにとって3年ぶりのシングルです。タイトル曲は松島菜々子さん主演のテレビドラマ『営業部長 吉良奈津子』(CX系)の主題歌ですが、タイアップのお話があったのはいつ頃ですか?

山下達郎(以下、山下):ツアー【PERFORMANCE 2015-2016】が終わった頃です。映画は公開の1年ぐらい前に話が来るんだけど、ドラマはいつもわりと急。製作期間もものすごく短いからね。

──松嶋さんが1996年に主演したNHK連続テレビ小説『ひまわり』の主題歌「DREAMING GIRL」も、達郎さんの書下ろしでしたね。

山下:『ひまわり』は松嶋さんの出世作で、あの時の印象が強く残っています。その後、『利家とまつ』や『家政婦のミタ』といった作品で活躍されているのも拝見してきました。ですので、僕なりの松嶋さんのイメージがあって、今回の曲を作るにあたっても、そういったことも少なからず加味したつもりです。

──以前、ドラマや映画の主題歌を書き下ろす際は、物語にできるだけ寄り添うようにしているとおっしゃっていたかと思います。今回はドラマのどのような部分が曲作りに影響しましたか?

山下:産休明けの女性がそれまでのクリエイティブ・セクションから営業に異動になり、子育てとのはさみうちで苦労する物語なんです。なので、最初はもっと孤独感を感じるようなアーバンな雰囲気の曲を書いたんですよ。でも、制作サイドから、“もっと明るい曲にしてほしい”という要望がありましてね。僕は昔から座付き(専属)体質で、タイアップ曲は作品に寄りそってナンボという考え方なので、リクエストに沿って明るめの曲に書き換えましたが、とはいえ今回はあんまり突き抜け過ぎるとドラマに合わない気がしたので。ドラマと解離しないように、ちょっとだけ抑制を効かせました。

──達郎さんが作るタイアップ曲は、作品のイメージにすごく合ってはいつつも、タイアップとしての役割が終わったあとでもまったく色あせないという印象があります。作品に寄り添っているのに、いつでも独り立ちできるというか……。

山下:僕は、作詞・作曲に加え、編曲も自分自身でやっています。編曲は時代にものすごく左右される作業なんですけど、昔から流行におもねることができない人間なので。今回の曲は全部ひとりきりでトラックを作っています。いわゆるひとり多重録音ですが、今、僕みたいなスタイルの音楽でこういうやり方をしている人は、もうほとんどいません。今のトレンドだからといって、自分の中にないスタイルを取り入れることは絶対にしないというポリシーを続けてきたので、今はもうガラパゴスを通り越して、もはや天然記念物ですね(笑)。夏の曲とはいえ、まったく流行とはかけ離れているし、今のトレンドとはまったく異なるセンスの夏でしょうね。

──歌詞はいかがですか。主人公をはじめ、一生懸命生きている人たちを応援するような力強い言葉が並んでいますが、ここにも達郎さんならではのポリシーや流儀があるのでしょうか。

山下:ドラマの主人公は40代。アラフォーやアラフィフになると、いろんな意味で若いころとはまた違った不安が出てきて、単純に人生を礼賛するスタンスはだんだんと失われていきます。今回の歌は、そういう世代への応援歌みたいなものだけど、だからといって、特に大上段なテーマがあるわけではないんですよ。不安を抱えている世代へのチアアップソングを目指しはしましたが、なるべく具体性のない歌詞にしたいと思ったんです。若いころ、特にシュガー・ベイブからソロになった70年代中期、歌詞に必要以上に意味を込めないようにとつとめていた時期があってね。最近、その考えに戻りつつあるんです。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。