ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中島美嘉、200ページを超える初のCD付き自叙伝ブック「あまのじゃく」10/5リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中島美嘉がデビュー15周年を記念して、初のCD付き自叙伝ブック「あまのじゃく」を10月5日にリリースする。

これまでの作品とは異なった形態でのリリースとなる本作は、波乱万丈の幼少期から歌手にとって重篤な耳の病気を患った時のこと、楽曲誕生秘話や困難を乗り越えたからこそ描ける未来への希望など、自筆のイラストや撮り下ろし写真と共に全てを語りつくした200ページを超えるエッセイとなっている。

自身のことを語るのを大の苦手としてきた中島が、“私はいつも痛みが分かるアーティストでいたい”と語る、その答えがこの作品には綴られている。

さらに、初のアコースティックライブ最終公演でサプライズ曲として披露された新曲「Alone」(スタジオ録音)に加え、エッセイにまつわる全14曲を収録している。

また、完全生産限定盤での発売となる本作はCDショップのみの流通となっているが、対象店舗にて本商品を購入した人に先着で「あまのじゃくオリジナルブックマーカー」を先着でプレゼント。対象店舗はオフィシャルサイトにて。

書籍帯コメント
甘く美しい歌を唄いながら
どこかに凶器を秘めてるようなシンガー HYDE(アーティスト)

困難に屈せず歌を愛して自分を生き続ける人。
この本を読んで、彼女を尊敬しないシンガーはいないと思います。 Aimer(シンガー)

「何を歌うか」よりも「どう歌うか」よりも「どう生きるか」。中島美嘉はいつだって歌うことの真理を教えてくれる。 小栁大輔(ROCKIN’ON JAPAN編集長)

リリース情報

CD付き自叙伝ブック「あまのじゃく」
完全生産限定盤(CD+書籍)AICL-3179〜3180 4,600円+税
<書籍内容>
・集英社インターナショナル監修・編集による240Pに渡る初の自叙伝
私にしか歌えない歌がある「誰も私のことをわかってくれない」という人が、あっこの人の歌を聴きたい、と思うようなアーティストでいたい。いい曲ができたんだけど、誰も歌ってくれない。美嘉ちゃんなら歌ってくれるだろうと持ち込まれて歌う。
それもまた、私のひとつの役目なのかなあ、と思っています。(本文より抜粋)

逃げていいんだよと伝えたい
学校に行っている子はそれがすべてで、広い世界が待っていることはわからないでしょ。そんな広い世界が実はあるんだから、逃げていいんだよと伝えたかったんです。(本文より抜粋)
<CD収録曲>
1.Alone(新曲)
2.16
3.STARS
4.WILL
5.蜘蛛の糸
6.LOVE NO CRY
7.雪の華
8.A MILACLE FOR YOU
9.僕が死のうと思ったのは
10.声
11.ALL HANDS TOGETHER
12.Over Load
13.I DON’T KNOW
14.MY SUGAR CAT
<特典情報>
「あまのじゃくオリジナルブックマーカー」
※先着プレゼント
※特典は無くなり次第終了となる。

関連リンク

中島美嘉 オフィシャルサイトhttp://www.mikanakashima.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP