ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性だって他人事じゃない! 20代から始める加齢臭対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「加齢臭」というと男性のものというイメージですが、女性でも加齢臭はあります。一般的に、加齢臭が始まるのは50代からと言われていますが、実は20代から少しずつ始まっているのです。もし自分の臭いも加齢臭かな? と思ったら、早めに対処しておきましょう。

加齢臭って何? いつから始まるの?

加齢臭は誰にでもある体臭とは異なります。体臭がもっとも強いのは、ホルモンの分泌が盛んになる20代で、それ以降はだんだん弱くなっていきます。そして、30代になるとミドル脂臭、40代以降は加齢臭が起こると言われています。ミドル脂臭は乳酸の過剰な分泌が原因でチーズやバターなどの発酵食品に近い臭い、加齢臭は年を取ることによる臭いで、腐った油のような臭いが特徴です。ミドル脂臭も加齢臭も男性に多いと思われがちですが、女性でもこれらの臭いはあります。特に加齢臭は20代から少しずつ始まっていると言われているので、早めに対処するに越したことはありません。

加齢臭が出やすい体の部位は?

加齢臭が出やすいのは、脇の下や後頭部、足や首の回りなどです。特に脇の下は、エクリン腺やアポクリン腺などの汗腺のほかに皮脂腺などが集中しているため、さまざまな臭いが混じってイヤな臭いになりがちです。臭いは皮膚に存在する細菌が繁殖することで起こりますが、わきの下だけでなく足など、不潔にしていることで、さらに臭いが強烈になります。また背中は年を取るとともに脂肪酸が増加し、それが酸化してノナネールという臭い成分に変化して加齢臭となります。加齢臭のチェックは、コットンを脇の下などに当てて強く拭きとることでできます。腐った油のような独特の臭いがしたら加齢臭と思って間違いありません。

20代から始める加齢臭の予防法

汗自体に臭いはありませんが、汗と一緒に流れ出す古い皮脂や角質を細菌が分解することで強烈な臭いになります。汗をかいたらすぐにふき取ることで、ある程度臭いを抑えることはできます。また、毛穴が詰まった状態では、皮脂が長時間そこにあることでニオイの原因となります。顔や体を清潔に保つことは大切ですが、界面活性剤の入った洗顔料などは、逆に毛穴つまりの原因になってしまいます。また、ステーキや焼き肉は消化に時間がかかって臭いの原因に。牛乳やチーズなど動物性脂肪が多い食品も、脂質が酸化されやすく、臭いの原因となってしまいます。ガッツリしたお肉が大好きという方も、食べ過ぎないようにして、野菜や果物など食物繊維の多い食品を食べることで、イヤな臭いを予防することができます。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP