ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わかってて騙された場合は詐欺罪?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 金がなく、貧乏なXはコンビニで「こども銀行」と書かれたおもちゃの紙幣を差し出し、弁当を購入しようとしました。
 店員Yは、みすぼらしい身なりのXを見て、「金がないのだろう」と思い、おもちゃの紙幣とわかりつつ受け取り、弁当を手渡しました。

 さて、この場合次のどちらが成立する可能性がありますか?

(1)詐欺罪
(2)詐欺未遂罪

A.

正解(2)詐欺未遂罪

 刑法246条において規定される詐欺罪は、「欺罔行為によって相手方が錯誤におちいり、財物(または財産的利益)を相手に交付する」という一連の流れが必要になります。

 設問では、Xは騙そうと欺罔行為があるものの、相手のYはそれに気づきました。しかし、Yは哀れに思って財物を交付しています。
 したがって、「欺罔行為からの錯誤」という一連の流れが否定されているため、詐欺罪は成立しません。

 しかし、「犯罪の実行に着手して(欺罔行為をしたが)これを遂げられなかった(欺罔により錯誤に陥れられなかった)」ために、未遂は成立することになります。

元記事

わかってて騙された場合は詐欺罪?

関連情報

こういった場合、詐欺罪に該当するでしょうか?(なっとく法律相談)
Twitter上の取引で被害届を出されました。どのように対応すれば?(なっとく法律相談)
身に覚えの無い入金、勝手に使うと罪になる?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP