ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

THETA Sで動いている人や物を消せるアプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全天球写真撮影で度々発生する、その場に写したくない物や人が写ってしまう問題。これを解決できるAndroidアプリ『VANISH360』が株式会社ViRDから登場しました。価格は無料。対応OSは、4.0.3以上です。リコーの360度カメラ「THETA S」で撮影した写真から、動いている物・人を取り除く事ができます。

https://www.youtube.com/watch?v=Ky6xJLvjxQY

使用方法は、正規RICOH THETAアプリと同様に、THETA Sと携帯wifiで繋いだ後に起動します。シャッタースピード・ISO感度・撮影枚数の設定が可能。ライブビューから、撮影画像の確認が可能です。

撮影ボタンを押すと自動的に複数回のシャッターを切ります。
撮影後には、自動で動いている物が写り込んでいない画像を自動生成します。

上の画像では部屋の中を歩き回る筆者が写っていますが、生成された画像が下記です。
完全に存在が消されました。

画像生成後、VRビューモードで撮影した画像を確認できます。
手持ちで撮影を試みましたが、安定した場所で使用した方がより効果を引き出してくれるようです。景色だけ撮影したい時など、是非試してみては如何でしょうか?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。