ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエット中のあなたに朗報♡おやつを食べても太りにくい時間帯があった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、コラムニストの愛子です!ダイエット中だからって、食べたいものをいつも我慢するのは辛いですよね。そこで今回は、おやつを食べても太りにくい時間帯と仕組みをご紹介します。

1:BMAL1って何?

私たち人間の体内には、BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質が存在します。体内時計が正常に働くように調整する役割を担っていることから、時計遺伝子とも呼ばれているBMAL1ですが、実はダイエットとも深い繋がりがあるのです。

BMAL1にはもう1つ働きがあって、それは「脂肪を蓄積する」ことなのです。そしてBMAL1の量は常に一定ではなく、時間帯によって変わることが分かっています。

2:おやつを食べるなら14時が最適!

BMAL1が多い時間帯に食べると太りやすく、少ない時間帯に食べると太りにくいのです。そして最もBMAL1の量が少ないと知られているのが14時前後。反対に夜中の2時は最もBMAL1が増える時間帯。2時から14時へ向けて減少し、14時から2時へ向かって増えていくのです。

14時ピッタリでなくても、14時~15時くらいでいいようです。昔から15時のおやつって言いますものね。甘いものや脂っこいものなどは、我慢するのではなくてそれくらいの時間帯に食べるといいかも!

3:注意点とBMAL1を増やす方法

不規則な生活を送っていると、BMAL1の量が増え、常に太りやすい状態になる可能性があります。ですから生活が乱れている場合は、14時だからと安心して食べると、太ってしまうことも……。

BMAL1を増やすには、太陽の光を浴びるのが1番です! 特に朝日がいいようで、浴びた後も数時間、BMAL1は減ったままの状態が続きます。もし余裕があるなら、朝日を浴びながらウォーキングなんていいのではないでしょうか。


いかがでしたか?ダイエット成功の鍵は、我慢するのを止めて、工夫することです。辛いダイエットは卒業して、楽に痩せていきましょう!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

筋トレもやり方次第!すらっとスリムを目指す人の筋トレ法とは?
モードにもナチュラルにも♡夏から秋まで使える「オレンジメイク」のポイント
バスタイムは全身エステタイム!「軍手」を使って、お金をかけずに脂肪押し出しマッサージ!
ボリューム不足は老けの元!髪のトップのペチャンコを解消する方法
爪を綺麗に伸ばしたい。あなたの爪は「半年前から食べてきている物」でできている!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。