ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バカラの珠玉の名品を東京初披露!「バカラ プティ・パレ コレクション」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DROMADAIRE 香炉「駱駝」

バカラのフランス最優秀職人たちが歴史的名作を復刻

2016年9月7日(水)から9月13日(火) まで、東京・新宿の伊勢丹新宿店本館5階センターパークにて「バカラ プティ・パレ コレクション」展が開催されます。

バカラ プティ・パレ コレクションとは、2014年にフランス・パリで開催されたバカラ創設250年を振り返る回顧展から選ばれた8点へのオマージュ作品として、バカラのM.O.F.(フランス最優秀職人)が制作したもの。同コレクションが東京地区で披露されるのは本展が初めてとなります。

展示会場は美術館をイメージした設えとなっており、プティ・パレコレクションに加えてバカラの歴史的で希少なグラスコレクションから今年のミラノサローネで発表された最新シャンデリアまで約150点が展示販売されるそう。

最高峰の技術が可能にする類を見ない美しい造形とディティールを存分に見ることができます。これほど貴重なコレクションながら開催期間は1週間。お見逃しのないようお出かけください。

CHEVALIER ワイングラス&デカンタセット「シュヴァリエ」

ISPAHAN デカンタ「イスパハン」

バカラ プティ・パレ コレクション

会期:2016年9月7日(水)~9月13日(火) 10:30~20:00

※会期中無休

会場:伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク ザ・ステージ#5/東京都新宿区新宿3−14−1

販売アイテム(一部):

▽DROMADAIRE 香炉「駱駝」

サイズ:W300mm × D540mm × H680mm

価格:2200万円

限定数:世界で25ピース ※限定ナンバー入り

19世紀後半のオリエンタリズムの流れを汲んだ、エキゾチックな装飾品をつけて香炉を背負う駱駝の姿をかたどった豪奢な作品。オリジナルは1878年のパリ万国博覧会に出展されました。フェズ(モロッコ)の王宮を想わせるモチーフが細密な金彩で描かれた香炉。クリスタルの駱駝は、一つ一つの作品に個別の型を作り成形され、装飾と台座部分は鋳造したブロンズの上に24金メッキを施して仕上げられます。

▽CHEVALIER ワイングラス&デカンタセット「シュヴァリエ」

サイズ:デカンタH380mm、グラスH235mm

価格:98万円

限定数:世界で100セット ※限定ナンバー入り

第一次世界大戦を経て、都市文化が成熟していく中で生まれたスタイル「アール・デコ」。この時代におけるバカラの作品は、幾何学的なフォルムと規則性のある装飾が特徴です。さらにデザイナー ジョルジュ・シュヴァリエ(1894-1987)の参画により、クリスタルが持つ透明感や輝きなど、その本質的な魅力を再発見させる作品が次々に発表されました。彼の代表作ともいえるこの作品のオリジナルは1930年に発表されたもの。高度な技術により、クリアクリスタルにブルーのクリスタルが被せられ、M.O.F.(フランス最優秀職人)の施すダイナミックなカットが2色の層の幾何学的なコントラストとシャープな美しさを生み出しています。

▽ISPAHAN デカンタ「イスパハン」

サイズ:H280mm

価格:120万円

限定数:世界で100ピース ※限定ナンバー入り

ペルシャ帝国の首都であった都市の名「イスパハン」。草花や動物をモチーフとし、壮麗に図案化するイスラム美術の手法は十字軍の時代からヨーロッパにもたらされ、装飾芸術に多大な影響を及ぼしました。バカラは19 世紀より、中東の特別な顧客の注文に応えて独自のエナメル彩や金彩の装飾を使った作品を制作し、技術を確立していきました。咲き誇る花々と、蛇をくわえる美しい孔雀の姿が職人の手で描かれたこの作品のオリジナルは、1878年のパリ万国博覧会に出展されました。カラートーンを鮮やかな赤と金に変え、いっそう華やかな作品となりました。

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

芹沢銈介デザインと手仕事が融合したアイテムのクラフト市!
スイスと日本のデザイナーによる和紙と最新テクノロジーのコラボ展「PAPER GARDEN」開催中
バイヤープライスの蚤の市! 北欧買い付け品が提供される「BUYERS LOPPIS」開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP