ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の演歌との意外な共通点、映画から学ぶ中東歌謡の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫
日本の演歌との意外な共通点、映画から学ぶ中東歌謡の魅力

 9月24日に公開されるハニ・アブ・アサド監督の最新作『歌声にのった少年』。本作は、全米の人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』の中東版「アラブ・アイドル」に出場し、見事2013年の“アラブ・アイドル”に輝いたムハンマド・アッサーフの実話に基づいた感動のサクセス・ストーリーだ。

 本作の見どころは、なんといってもムハンマドが歌う中東歌謡。オーディション番組で勝ち抜くたびに、ムハンマドの歌う中東歌謡が、パレスチナだけでなくアラブ圏全域に響き渡り、人々を勇気づけていく様子に心打たれる。

 日本ではあまり耳慣れない中東の歌謡曲だが、実は日本の演歌に通じる部分があるそう。日本人で唯一「アラブ・アイドル」に出場した経験を持つ子安菜穂によると、アラブ圏の歌は楽譜どおりに歌うパートと、歌う人の個性や技量をアピールする即興パートのマウェールに分かれ、高評価を得るにはこのマウェールがとても重要とのこと。そしてそのマウェールは、三波春夫の浪曲歌謡や八代亜紀の「舟歌」にも通じるところがあり、例えば、「沖のカモメに~」のパートを、八代がその時々によって変化させて歌うように、自由に歌う感覚がマウェールに似ているというのだ。となるとマウウェールは、日本の演歌の“こぶし”に近いのかもしれない。そう思いながら聴いてみると、馴染みがないと思っていた中東歌謡も、ぐっと身近に感じるのではないだろうか。

 また、子安によるとムハンマドが歌っているのは、“アイドル”とはいえ日本の演歌のような古い歌だそう。日本のアイドルとの大きな違いを感じるが、アラブ圏では古くから伝わる伝統の音楽を歌い継ぐのはごく普通のことなんだとか。ムハンマドの歌う中東歌謡が存分に楽しめる本作は、ふだん耳慣れない中東歌謡と出会う良いきっかけになること間違いなしだ。

関連記事リンク(外部サイト)

『歌声にのった少年』、『エル・クラン』、『ハドソン川の奇跡』など実話から誕生した映画が、この秋続々公開
遠藤周作×スコセッシ監督『沈黙』2017年日本公開決定! 日本からは窪塚洋介や浅野忠信が出演
ザ・ビートルズ ドキュメンタリー映画にエルビス・コステロ、ウーピー・ゴールドバーグら出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。