ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

業種別アルバイト面接時の服装の基本

  • ガジェット通信を≫

アルバイトの面接でどんな服を着ていけばよいのか迷ってしまうことってありますよね。

身だしなみは第一印象を左右する大切なポイントになります!採用してもらえるための服装の注意点を職種ごとに考えていきましょう。

 

ファミレス・居酒屋などの飲食店

面接官は服装を通じて、職場の雰囲気にあった人か、職場の人と馴染めるタイプかなどその人の協調性をチェックしています。

その点を意識してファミレスや居酒屋などの飲食店の場合は、その店の雰囲気にマッチする私服を選ぶとよいでしょう。

飲食店であることを考えて清潔感を感じられるような服装、髪型を心がけるようにするのも忘れずに。

この職種には特別なファッションセンスが求められるわけではなく、比較的ベーシックなものが好まれます。

 

予備校・塾講師

続いて、予備校講師や塾講師などはいかがでしょうか。この場合はスーツが仕事着ですから、スーツで面接に行けば好感度が高くなります。

シンプルで清潔感があり控えめなタイプのコーディネートが良い印象につながります。

そのほかにも事務職などオフィス系の仕事は働いている人のスーツの割合が多ければ、面接の際もスーツを着用するのが無難でしょう。

 

アパレル系

アパレル系と一言で言っても、カジュアルなものからエレガントなものまでお店の雰囲気は様々ですよね。

バイトの面接の時は基本的には店で働いている人になじむ服装がよいでしょう。そのお店のブランドのイメージを取り入れるのがおすすめです。

ただし、あまりに奇抜でだらしないスタイルは避けるのがポイントです。そして、シンプルな中にも小物使いでセンスを出すなどトレンドを意識した服装を取り入れるとベターです。

 

スーパー・コンビニなどの販売店

コンビニやスーパーでは食品を扱うことが多いですね。

ですから、面接の際には何よりも清潔感や衛生を意識した服装を意識することが大切です。きちんと洗濯してあり、しわがない服であることなど基本的な身なりを整えて臨みましょう。

個性的すぎたり露出度が高かったりする服よりもカジュアルでも落ち着いてシンプルな服装がイメージアップにつながります。髪の毛や爪、靴など細かい点の清潔感にもよく気を配りたいですね。

 

清潔感と職場の雰囲気に合わせる協調性が鍵

どのバイトにも共通して清潔感やお店の雰囲気に馴染んでいるといったポイントを意識すると良いことがわかりましたね。

面接に行く前によくバイト先のイメージをつかんで好感度を持ってもらいやすい服装を心がけましょう。

 

協力会社/ウィルゲート

関連記事リンク(外部サイト)

バイト面接のときの茶髪…どこまでなら大丈夫?
私服?スーツ?フリーター、主婦(主夫)etc.“大人”のバイト・パート面接の服装は?
アルバイト先の「年下の先輩」とはどうやって接する?

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP