ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RAMI、いよいよアルバム『Aspiration』でソロデビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Aldiousの初代ヴォーカリストであるRAMIが、9月7日にアルバム『Aspiration』でソロデビューを果たす。

アルバムには、GALNERYUSやANIMETALのプロデュースで知られる久武頼正の指揮の下、作曲や演奏陣にGALNERYUSのSyuやYUHKI、GargoyleのKENTARO、そして紅一点ヴァイオリニストのAyasaなど、豪華なアーティストが結集。

先行でMVが公開されている「In My Eyes」はSyuの作曲で、ギターソロもSyuが手がけている。Aldious時代を思わせるパワフルなメタルサウンドと哀愁に満ちたRAMIのヴォーカルが融合したメロディックな楽曲は必聴だ。

また、YUHKIはパワフルな現代版プログレッシヴロックともいえる「Pray To The Sky」を提供。7分を超えるこの楽曲にはAyasaが参加しており、YESやPFMといった70年代プログレッシヴロックの雰囲気を思わせるスリリングな演奏の中、RAMIの透き通ったヴォーカルの魅力が十二分に引き出されている。アルバムには大ヒット曲「恋しさと せつなさと 心強さと」のカヴァーも収録され、予想外の組み合わせながらRAMIの歌声と楽曲の相性の良さに驚かされるだろう。

RAMIのデビューアルバムには6分を超える大曲が3曲も収録されているが、長さを感じさせることはなく、むしろもっとその先を聴きたいと思わせる作品揃いとなっている。現代、前世、そしてパラレルワールドの現代に生きる3人のRAMIの死、そして再生が描かれた「In My Eyes」MVでは、時に魔女の様な微笑を浮かべ、時には幼女の様な表情を浮かべるRAMIの演技にも注目してほしい。

8月よりオフィシャルファンクラブ「RAMI GUILD」が開設され、11月からアルバムをひっさげたライヴツアーも予定しているRAMI。彼女の今後の活躍に期待は高まるばかりだ。

「In My Eyes」MV
https://www.youtube.com/watch?v=FRpeeB3A1zU

「恋しさと せつなさと 心強さと」MV
https://youtu.be/O8l1fPzK1rk

「Pray To The Sky」MV
https://youtu.be/NeCXpgLvPJs

アルバム『Aspiration』
2016年9月07日(水)発売

【通常盤】(CD)

RAMI-014/¥2,500+税

<収録曲>

■CD ※全形態共通

1. Overture To Aspiration

2. In My Eyes

3. Secret Flame

4. Forever Precious

5. Sing For You

6. 恋しさと せつなさと 心強さと

7. Pray To The Sky

8. Rainwater

【限定盤】(CD+DVD) 

RAMI-015/¥3,300+税

<収録曲>

■DVD

・In My Eyes(Music Video)

・In My Eyes(Behind the Scenes)

・Pray to the Sky(Music Video)

【HMV/Loppi限定盤】(CD+DVD+直筆サイン入りミニ写真集)

RAMI-016/¥3,700+税

※DVDの内容は一般流通【限定盤】と同じです。

※HMV/Loppi限定盤のみ、直筆サイン入りミニ写真集付(手書きナンバリング入り)

【TSUTAYA限定盤】(CD+DVD)

RAMI-017/¥2,900+税

<収録曲>

■DVD

・In My Eyes(Music Video)

・恋しさと せつなさと 心強さと(Music Video)

・Sing For You(Music Video)

『RAMI “Aspiration Tour 2016”』
11月12日(土) 大阪・阿倍野ROCKTOWN

19:00 開場 / 19:30 開演

11月13日(日) 名古屋・ell.FITS ALL

18:00 開場 / 18:30開演

11月27日(日) 東京・duo MUSIC EXCHANGE

17:30開場 / 18:00開演

<チケット>

■チケット料金:

前売¥3,500(税込/ドリンク代別)

当日¥4,000(税込/ドリンク代別)

特製ツアータオル付¥5,000(税込/ドリンク代別)

■オフィシャル・ウェブサイト先行予約:

9月7日(水)12:00~9月14日(水)23:59

http://eplus.jp/rami2016/




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP