ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょこちょこ食べは体にいい! 「スマートスナッキング」のススメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーモデルのミランダ・カーや海外のセレブが摂り入れて話題になった食事法「スマートスナッキング」。おしゃれに力を入れたい秋はスリムになりたいですよね。成功しやすいというこのダイエット法についてご紹介しましょう。

制限が多いダイエット法は挫折しやすい

ダイエットで一番失敗しやすいのが、きつい食事制限や単品置き換えなどの方法。人は食べることでもストレスを発散し幸せを感じるため、食事に制限が多いとストレスが溜まり、ダイエットも挫折しやすくなります。また、極端な食事制限は痩せられたとしてもリバウンドしやすいですし、生理不順や月経困難症などの不調を招くこともあるためおすすめできません。

スマートスナッキングとは?

毎日の朝・昼・晩の食事に加えて、タイミングよく間食を取る食事法のこと。最低でも1日1回はオーガニックな穀類やナッツ、ドライフルーツやヨーグルトなどヘルシーな間食を摂ることで、空腹感を減らして健康的にダイエットができるというものです。特に一人暮らしのビジネスウーマンは昼食から夕食までに7時間~8時間も空くことがあり、空腹状態で食事をすることで血糖値が一気に上昇し、糖の摂取量が増加してしまうといわれています。空腹で食べると食事の量も多くなりがち。合間に適度な間食を挟むことで空腹になるのを防ぎ、血糖値の急上昇を避け、逆に食べ過ぎを防ぐのがスマートスナッキングの目的です。

おすすめのおやつはコレ

間食をしても1日の摂取カロリーがオーバーしないように心がけます。空腹にならないぶん、朝・昼・晩の食事をひと口かふた口ぶん減らします。栄養価が高く、噛みごたえがあり、ビタミンやミネラルの補給ができる食べ物が理想。ヨーグルトでもグラノーラやシリアルが入っているもの、ドライフルーツ、アーモンドやピスタチオなどのナッツ類、シリアルバーなどがおすすめ。時間は朝食が早い人ならば午前9時~10時くらい、夕食前の3時~4時くらいに食べるのが理想的だそう。

スマートスナッキングを続けることで、1回の食事量が自然と少なくなり、おやつもジャンキーなものを欲しがらなくなります。続けることに意味があり、続けやすい方法なので、頑張って結果を出したいですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP