ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ジャーナリストに恐怖心」 鉢呂前大臣「死のまち」言葉狩りを振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「今日は私の言葉の真意を伝えてほしい」と鉢呂吉雄前経産大臣

 民主党の鉢呂吉雄前経産大臣は2011年11月14日、日本外国人特派員協会主催の記者会見に出席。ことし9月に起きた大臣辞任劇について「ジャーナリストに大変恐怖心を持たされた」と語った。現在、鉢呂前大臣は民主党の経済連携プロジェクトチームの座長を務めている。

 ことし9月、鉢呂経産大臣(当時)は記者会見で、福島第1原発周辺を「死のまち」と表現し、メディアなどに非難された。さらに記者の前で「放射能つけちゃうぞ」と発言したとも報じられ、就任まもなく辞任に追い込まれている。

 「新聞・テレビは非難一色だった」――。会見冒頭、鉢呂前大臣は自身の「死のまち」発言当時のマスメディアの反応を振り返った。鉢呂前大臣によると、「あの時も記者会見で、このような事態に陥らせた経産省の責任の原点に帰って、事態を改善していかなければならないことを強調したのだが、『死のまち』だけが(メディアに)取り上げられた」という。このことで鉢呂前大臣は、

「ジャーナリストに大変恐怖心を持たされた」

と語った。しかし辞任後、新聞の読者欄で、一時帰宅した住民が「まさにその通りだった」と投稿しているのを見て、「ほっとした」という。鉢呂前大臣はさらに、

「言葉狩りではなくて、私の発言の真意を報道していただければ、ありがたい」

と付け加えた。

 一方、本題のTPPに関して、鉢呂前大臣は「国内の様々な意見は今後とも積極的に、国民的な論議をする」、「TPPに関わる情報の提供を積極的に国民に開示する」と政府に注文を付けつつ、「日本は内向きになりがちだが、アジア太平洋における日本は、もっと積極的に日本が主導する形で高いレベルの経済連携をルール作っていく立場の国であると思う」と持論を展開。その上で、

「これからTPPの具体化に向けて様々な問題が出てくると思うが、与党の立場として政権の下支えをしていきたい」

と述べ、TPP交渉参加を表明した野田首相に協力していくとした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 鉢呂氏が「死のまち」発言を振り返る場面から視聴- 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70598832?po=news&ref=news#10:24

(山下真史)

【関連記事】
野田首相、TPP交渉参加を表明
TPP反対派の急先鋒・中野剛志 「メディアに足元見られてる」国民の姿勢を批判
原子力安全庁のサイト作成に1億4000万円 細野原発担当相に「水増し」指摘
菅前首相、あらためて脱原発ビジョン語る「日本を世界の見本にしたい」
鉢呂経産相の辞任は記者クラブによる「言葉狩り」か? 失言報道の在り方を考える

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。