体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リリックホリック歌劇団の1stアルバムにsukekiyoの匠ら参加

エンタメ

ビジュアル系ロックアイドルのリリックホリック歌劇団が、9月28日に1stアルバム『Alice madness』をリリースする。
リリックホリック歌劇団 (okmusic UP's)
リリックホリック歌劇団は、九重たま、ルルル%ルリア、しおりん・あ・ら・もーどの3人組で2014年に結成。衣装や楽曲にヴィジュアル系の要素を取り入れた異色のアイドルグループだ。またコミケへの参加、東方Projectのコンピレーションアルバムやライヴにも参加するなど、アイドルの枠にとどまらない活動を行なっている。

待望の1stアルバムは、ビジュアル系の世界観や様式美を感じさせるナンバーから、デスボイスまで取り入れたメタルチューン、美しいバラードまで、バラエティに富んだ全11曲を収録した意欲作。人気曲「Alice」「Dependence」「黒ノ楽団」も新たにアレンジを加え、新バージョンと呼べる仕上がりとなっている。

そして、驚くべきはそのサウンド。なんと全曲バンド生演奏によってレコーディングされており、ギターを浦 千晃、ベースをゼクス、ドラムを哲郎が担当している。生演奏による迫力とこだわりのサウンドは、ビジュアル系、アニソン、メタルといったファン層にも大いにアピールすることになるだろう。

また、「魔吊り」には人気ビジュアル系バンド、The THIRTEENの美月、「Awaking Blood」にはsukekiyoの匠がギターでゲスト参加しているのもヴィジュアル系ファンには見逃せない。現在、アルバムから7曲の先行試聴が可能となっているので要チェックだ。

10月29日にはTSUTAYA O-EASTにて2周年記念ワンマン『Alice madness』の開催も決定。この公演も全曲生バンド演奏で、アルバムを軸にベスト選曲の集大成的ライヴになるとのことだ。入場者には未発表音源配布も決定している。チケットは絶賛発売中だ。

【リリックホリック歌劇団 コメント】
■九重たま

レコーディングも終わり初めて完成された音源を聴いたとき、自分の中でなんだかよくわからないけれど今までの私達とは明らかに何か違うものを感じました。

それぞれ違うけど同じ、喜怒哀楽のようなもので

アルバム自体が1人の人間のようなものだと感じています。

是非たくさんの方にお手にとっていただきたい、そしてたくさん聴いてほしいです。

■ルルル%ルリア

まず、ほんとにカッコいい作品になりました!!

始動してから少しずつヴィジュアル系というジャンルを追求した結果が詰まってます!今回はとにかく音にもこだわってます!今の私達の最大限のクオリティーを詰め込みました!

■しおりん・あ・ら・もーど

りりほりはつのあるばむしゃん はつばいめろでぃできて うれしおりんです。

しおりんもはじめて れこーでぃんぐしゃん さんかめろでぃできて どきどきめろでぃでちた。

できあがったきょく ぜんぶすぺしゃるかっこいくて みんなにたくさんきいてもらいたいめろでぃ。

アルバム『Alice madness』先行試聴
https://youtu.be/vXrWeVUK5YY

アルバム『Alice madness』
2016年9月28日発売

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会