ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SHADOWS、待望の全国ツアー初日公演でフロアが大沸騰

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SHADOWSがバンド初のツアーとなる「SHADOWS JAPAN TOUR 2016」の初日公演を9月2日、恵比寿LIQUIDROOMで開催した。

昨年11月に「ROCK-O-RAMA 2015」で有終の美を飾ったFACT。そのラスト・ライヴはメンバー全員がステージ上で大号泣する幕引きとなり、個人的にも忘れられない一夜となった。その模様はライヴDVD『002』(9月7日リリース)に収録されているので是非観てほしい。そして、元FACTのHiro(Vo)、Kazuki(G)、Takahiro(G)の3 人が新たに立ち上げたバンドがSHADOWSだ。彼らは今年3月にライヴ・レコーディングEP『Extrance』、8月には2ndEP『Progress』と立て続けに発表。今回はバンド初のツアー「SHADOWS JAPAN TOUR 2016」を決行することになり、全12カ所に及ぶツアー初日が9月2日、恵比寿LIQUIDROOMよりスタートした。

トップは今年結成20周年を迎える山嵐が登場。7月に出たばかりの11thアルバム『RED ROCK』収録曲を連発する超攻撃モードで、ゴリゴリの重低音を放つ。それから今ツアーの全公演に帯同するCRYSTAL LAKEは縦横無尽に切り込むフットワーク抜群のメタルコアで熱く盛り上げ、最後のSHADOWSにバトンを繋ぐ。  

下手にKazuki(Gu&Vo)、上手にTakahiro(Gu&Vo)と立ち、ベースとドラムはサポート・メンバーが務める形で、最後にHiro(Vo)は両手を振り回しながら姿を現す。観客も遂に生SHADOWSのパフォーマンスを体感できるとあって、興奮を抑えられない様子だった。ド頭から切っ先鋭いショート・チューンで畳み掛け、フロアには早くもサークル・モッシュが勃発する騒ぎっぷり。それから強靭なバネのごときギターリフで迫る「Doubt」はサビの突き抜けっぷりも鮮やかで、観客をさらに焚き付けていく。「帰って来たぜ!」とHiroが声高に宣言すると、SHADOW始動を心から喜ぶ温かい声援が飛び交う。ライヴの内容自体はまだ2枚のEPしか発表してないため、持ち曲は圧倒的に少ない状況だ。しかし、2ndEPにも収録されたNIRVANAの「Tourette’s」(from 3rdアルバム『IN UTERO』)を含む2曲のカヴァー・ソングや、彼らがもっとも得意とするメロディック・ハードコアの真髄を叩き付ける新曲なども投下され、楽曲を知る知らないに関わらず、汗まみれの熱気を作り上げていた。

また、Hiroはキャッチーなスクリーム/歌メロで魅了すると共に曲に対する思いを切々と語る場面もあり、以前と比べて観客と親身にコミュニケーションを図る様も印象的だった。加えて、スラッシーなリフをザクザク刻むKazuki&Takahiroの野獣コーラスも健在で、パンク/ハードコアの衝動満載で突っ走る。そこにグランジ/オルタナティヴのザラザラした質感も備え、壮大なサウンドで観客をねじ伏せる手腕は圧巻だった。  プリミティヴなロックの爆発力に、これまで培った経験値を全注入したSHADOWSサウンドは、このツアーでより一層研磨されることだろう。今後の成長と進化が楽しみで仕方がない! そう期待せずにはいられないツアー初日だった。

Text by 荒金良介

「SHADOWS JAPAN TOUR 2016」
9月10日(土)  八王子RIPS

9月23日(金)  梅田Zeela

9月24日(土)  京都MUSE

9月25日(日)  神戸music zoo 太陽と虎

10月05日(水)  名古屋CLUB QUATTRO

10月07日(金)  広島SECOND CRUTCH

10月09日(日)  松山W STUDIO RED

10月15日(土)  大分T.O.P.S Bitts HALL

10月16日(日)  福岡CB

<追加公演>

11月04日(金)  渋谷TSUTAYA O-WEST

http://eplus.jp/shadows/

※終了分は割愛




カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP