体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

受験生必見!その勉強法、間違ってない?それが伸び悩みの原因かも

受験生必見!その勉強法、間違ってない?それが伸び悩みの原因かも

「勉強しているのに、成績が上がらない」という伸び悩みを経験したこと、ある? もしかしたらそれは「自分に向かない勉強のやり方」をしていて、本来の力の10%ぐらいしか出せていないのかも!? この夏、自分にあった勉強法を見つけて伸び悩みを解消しよう!

 

まずは自分のタイプの診断から!

 

受験生必見!その勉強法、間違ってない?それが伸び悩みの原因かも

 

これは、勉強や就職のサポートをしている会社、SYTの特性診断。

 

社長の浅田紗也佳さんによると、どのタイプかによって本人に向く勉強のやり方は違うそうだ。さっそく自分のタイプを確認してみよう!

 

冒険家タイプは「お茶目なイケイケ」

 

受験生必見!その勉強法、間違ってない?それが伸び悩みの原因かも

 

—–どんなタイプ?—–

冒険家タイプは、直感やイメージで考えるのが得意で、ひらめきでパッと動ける人。気分屋で集中力がないと思われがちだが、短時間にグッと集中したときは、まわりの声など聞こえなくなるくらい、ものすごい集中力を発揮する。

 

—–勉強での落とし穴—–

集中するとすごいが飽きるのも早く、勉強の仕方にも波があるため、親や先生から「まじめにやっていない」と誤解されがち。怒られるうちに「自分は勉強ができない」と思い込む人も。今から説明する「冒険家タイプに向く勉強法」を、親や先生にも伝えてわかってもらえると、これまでより勉強が楽しくなるかもしれない。

 

—–勉強法—–

波にのっているときに大きく進めるのが性に合うので、毎日のスケジュールを細かく立てて勉強するより、「1週間でここまでやる」と大まかな計画で進めたほうがやりやすい。宿題も出されたときにすぐやったり、ぎりぎりに一気にやるほうが、本人は調子がいい。

机でじっと勉強するのは苦手で、静かな勉強部屋より、リビングやカフェのように人の気配があるくらいの場所のほうが、案外、勉強しやすい。

 

—–参考書—–

カラーで絵や図が多いものや、ポイントや結論が短い文でパッと示されているものが好み。厚めの1冊をくり返しやるより、薄いのを何冊もやるほうが飽きない。

 

—–グループの学び合い—–

話し合いをリードできる人が多い。場の空気を直感的につかみ、口火を切ったり、話を広げたりと、ムードメーカーとして活躍する。

 

芸術家タイプは「おっとり癒し系」

 

受験生必見!その勉強法、間違ってない?それが伸び悩みの原因かも

 

—–どんなタイプ?—–

芸術家タイプは、直感やイメージで考えるのが得意で、コツコツやるのも嫌じゃない人。根はひらめき型なので、関心の強いことなら長く集中できるけど、そうでもないことを長くやると、頭では別のことを考えはじめ集中できなくなる。

 

—–勉強での落とし穴—–

何時間も勉強したはずが、実際はボーッと考えごとばかりする状況になりがち。

心配性なところもあり、勉強はのっている日にガッとやるほうが合うけれど、「試験勉強が間に合わないかも」など余裕がなくなると、不安から空回りしやすくなる。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。