体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石づきはどこ? 新種のしいたけ「まるしいたけ」の形が可愛すぎる

f:id:uralatokyo:20160812173834j:plain

届いた「まるしいたけ」のパック

ダイエットや健康を気にする人たちに、カロリーも低く、食物繊維も豊富で、お助け食材として人気なのがキノコ類。

キノコ類でまずはじめに思い浮かぶのが、しいたけではないでしょうか?

匂いがちょっと苦手という人もいるが、その匂いが好きという人もいます。

できれば毎日、欠かさず取りたい食材ではありますが、「石づきを取るのが面倒」、「ゴミがでるよな~」などと、一人暮らしの人や男性は、面倒に思うことも多いはずです。

料理好きの中には、石づきを使って出汁をとり、ゴミを出ないようにして活用している人もいますが、それはそれで時間も手間がかかってしまいます。なるべくなら処理の手間を省いて、ゴミも少なくしたいというのが本音です。

f:id:uralatokyo:20160812174702j:plain

「それなら石づきがなくなればいいんじゃない?」という発想をやってのけた所がありました。

それは、神戸にある「神戸しいたけ研究所」。

元々、しいたけは普通に栽培しても、時々突然変異で石づきのないものが育つことがあるそうです。

「それを毎回栽培できるようにしたらどうか?」と、「しいたけ研究所」が10年以上の歳月をかけて研究開発を行いついに完成!

しいたけから「まるしいたけ」だけの菌を取り出して、交配を繰り返した末に、「まるしいたけ」だけを栽培することに成功し、大量に生産することもできて販売に至りました。

交配を繰り返したと聞くと、「遺伝子組み換えなのでは?」とちょっと気になってしまうけれど、それも心配ご無用。

一切、遺伝子組み換えを行っておらず、完全無農薬で栽培されており、安心、安全の食材で、まさに時代のニーズにあった食材ができたというわけ。

厳密に言えば、石づきはなくなったわけではなく、椎茸の傘の中に取り込まれています。

形は従来の椎茸とは異なり、マッシュルームのような丸みをおびた姿で、色はシメジのような薄い色で、見た目が丸いので「まるしいたけ」と命名。

現在は、神戸付近の限られたスーパーでしか購入できませんが、「神戸しいたけ研究所」のコーポレートサイトからも購入もできるので、取り寄せて料理をしてみました。

「まるしいたけ」を調理!

注文して数日後、届いた「まるしいたけ」を見て、思わず「かわいい」と口に出してしまったほどまん丸なしいたけ。

1パック6個入りで(300円~)と、しいたけにしては少々値段は張るけれど、今後市場が拡大されていけば、おそらく値段は下がるのではないかと願っています。

パックをあけて匂いをかいでみると、思ったほどしいたけ独特の香りはしなくて、しいたけ好きの筆者にとってはちょっと物足りなさを感じたりして……。

まずは、スライスして断面を確認。

ちょっぴり色が変わっているところがあって、多分それが従来の石づきにあたる部分のよう。

f:id:uralatokyo:20160812174228j:plain

石づきを取る作業をしなくていいなんて、なんて楽なの!

さて、いかに調理をしましょうか?

やはり、最初はそのままの味を試してみたいと思い、スライスした「まるしいたけ」をフライパンで焼いて、塩をかけて食す!

f:id:uralatokyo:20160812174341j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。