ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7人のアウトローがド派手に暴れる『マグニフィセント・セブン』予告映像解禁! デンゼル・ワシントン&クリス・プラットのコメントも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黒澤明監督の代表作『七人の侍』(54)。『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされたウェスタン『荒野の七人』(60)。この2名作を原案とした『マグニフィセント・セブン』が2017年1月27日(金)に公開される。黒澤明監督の命日である本日9月6日、本作の予告編が解禁された。

https://youtu.be/b1H2eLv-Mz4

ついに解禁された日本版予告編では、無慈悲にも街を荒らされ嘆く女性のセリフから始まる。主演をつとめるアカデミー賞俳優デンゼル・ワシントンが演じるサムは女性に「復讐を望む?」と問いかけると、女性は「正義を 復讐は手段よ」と決意の眼差しを向ける。

次のカットでは、まさにウェスタン映画らしく、サムの華麗な銃さばきが目を惹く。「もう閉店なのか?」と話す男、ジョシュを演じるのは『ジュラシック・ワールド』など話題作に引っ張りだこのクリス・プラットだ。クリスが演じることにより、ジョシュはコミカルさにあふれる愛すべきキャラクターを感じさせている。

Heavy Young Heathens の「House of the Rising Sun」がクールに流れる中、最強のワルたちが暴れまわる!「ド派手にやろうぜ」のセリフ通り、”かなりヤバイ”銃撃戦、爆発、ナイフさばきなど、怒濤のアクションシーンが連発!賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士。個性豊かな7人のアウトローたちが、彼らの流儀で悪を裁いていく。

ストーリーの詳細は未だ謎に包まれている本作だが、この凄まじい予告編の迫力は期待せずにはいられない!

監督は『トレーニング デイ』『イコライザー』『サウスポー』など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア。出演には、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが集結した。

今回、主演のデンゼル・ワシントンとクリス・プラットによる予告編紹介コメント映像も到着している。真面目な顔をしながら、テンポよく主演としてお互いを紹介し合ったり、黒澤明監督の名前をクリスが「アキラ・キラサワ」と間違えるとデンゼルがいぶかしんだり。仲のいい二人の空気感が微笑ましすぎるメッセージ映像は必見だ。

https://youtu.be/CS1VJWsW2Jw

トロント映画祭でのオープニング上映、ヴェネツィア映画祭でのクロージング上映も決定しており、早くも世界的な注目集める『マグニフィセント・セブン』は2017年1月27日(金)公開

関連記事リンク(外部サイト)

「スタジオジブリ総選挙」中間結果発表! 上位5作品は果たしてどの作品!?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
「スタジオジブリ総選挙」開催決定!全21作品の中から選ばれた第一位は全国5都市で劇場上映
これはスゴい!高度7600メートルからパラシュート無しでダイブ!前人未到のスカイダイビングが話題に【動画】
【世界中で絶賛!】U-12バルセロナと大宮アルディージャジュニア、試合後の選手同士の心の交流が話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP