ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メル・ギブソン、映画『パッション』の続編の可能性を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

メル・ギブソンが映画『パッション』の続編の可能性について、新たな詳細を語った。

先週末、カリフォルニア州アナハイムで行われたソーカルハーベストのイベントで、グレッグ・ローリー牧師とのインタビューの中で、ギブソンはキリストの復活を描く『パッション』の続編に興味があると語った。

ギブソンは、「私たちはそれについて話し合っています」と述べ、「もちろん、かなりの大仕事になります。『パッション2』ではなく『キリストの復活』になると思います」と語った。

「とてつもなく大きなテーマです。単純に出来事をなぞるだけの作品にはしたくないので、周到な準備が必要です。私たちはみな、何があったのかを知っています。しかし、私たちがそれを本当の意味で体験し、意味するものを深い次元で探求するためには、今しばらくの時間が必要となるでしょう」(ギブソン)。

作品だけでなくギブソン自身も、多数の社会正義団体からの抗議を受けたにもかかわらず、『パッション』は商業的な成功を収めた。全世界で興行収入3億7020万ドルを達成し、米国におけるR指定映画の中で、歴代最高の売上を記録する作品となった。

ギブソンは『パッション』の脚本を手掛けたランドール・ウォレスを称賛し、続編の脚本も彼に任せることを明かした。監督はまだ発表されていないが、ギブソンが再び監督の椅子に座るチャンスもあるようだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP