体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【作者インタビューあり】 燻製カレー店「くんかれ」と漫画『いぶり暮らし』の燻製カレーの魅力に迫る!

f:id:uralatokyo:20160623175431j:plain

メシ通レポーターの森が今、気になっている料理ナンバー1は、燻製料理!

そもそも燻製料理とは何かといいますと……。様々な食材を木材などを使って燻し、食材に風味を加える調理法のこと。身近な燻製の例としては、ベーコンやスモークサーモンがありますが、他にもバナナや豆腐など多種多様な食材を燻すことで、一味も二味も違った美味しさを引き出すことができるのだとか。

燻製が気になり出したきっかけは、燻製料理を楽しむ同棲カップルを描いた漫画『いぶり暮らし』。

「燻製って時間と手間がかかる」、「アウトドアで楽しむもの」、「渋い大人の味で、とっつきにくい」といった燻製に対するイメージを見事にくつがえしてくれました。

『いぶり暮らし』を読んでいくうちに、燻製にもいろいろな種類があり、簡単なものは家の鍋やカセットコンロを使って短時間で作れるということ、燻製は食材本来の旨味を引きだす調理法であることがわかり、俄然、燻製料理への興味がわいていったのです。

何より『いぶり暮らし』に登場する、同棲カップルの巡と頼子の燻製ライフがすごく楽しそうで憧れてしまいました。まったりと2人の休日を楽しみながら、今日燻製にして食べたいものを相談し、食材を燻している間、仲良くゲームをしながら待って、できあがった燻製を「おいしいね」と言いながら食べる……。くぅ~、なんて幸せな休日の過ごし方なんだ! 『いぶり暮らし』は美味しいものをじっくりと、時間をかけて作る喜びを思い出させてくれます。

グルメ漫画『いぶり暮らし』の魅力

それでは、そんな『いぶり暮らし』の中身を少しだけ!

今回は燻製カレー特集ということで、第1巻の燻製を使ったカレーの話をご紹介します。

同棲カップルの巡と頼子は、2日目のカレーを美味しく食べる方法を考えていました。スーパーで安いひき肉を見つけ、ひき肉を燻して、カレーに入れて、キーマ風カレーにしよう! とひらめきます。

さっそく家に帰って、燻製を作り始めます。

スモークウッドを燃やして、鍋の底に置き、その上にひき肉と玉子をセット。

f:id:uralatokyo:20160623180436j:plain f:id:uralatokyo:20160623180046j:plain f:id:uralatokyo:20160623180608j:plain

少し隙間をあけた状態でフタをしたら、燻す準備完了!

たったこれだけで、玉子とひき肉の燻製はできるんですね。意外とお手軽です。

f:id:uralatokyo:20160623180756j:plain

30分くらいで、燻製が完成!

ほわっといい香りが漂います。

頼子によれば「炒めただけではでない香り」。

この燻製の香りはカレーの中に入れても消えず、あまりの良い香りに「食べる前から美味しい」と巡が名言を発します。

f:id:uralatokyo:20160623181120j:plain

カレーに燻製玉子と燻製ひき肉を投入!

キーマカレーといえば、やっぱり玉子が必須ですよね。

しかも燻製玉子っていうところが贅沢。2日目のカレーの中でいい感じにとろとろになったお野菜と燻製ひき肉が混ざって……。う~ん、見てるだけでたまらない!

f:id:uralatokyo:20160623181359j:plain

待ちに待った一口目。

辛くても、燻製の香りをしっかり感じることができるようです。

2人とも思わず目を閉じて、味をかみしめています。

f:id:uralatokyo:20160623181550j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。