ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

反天連デモ 参加許可が必要な「お仲間」だけの示威パレード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月15日、靖国神社。日本はおろか、世界が注視するのは首相や閣僚が参拝するか否かである。一方、左右イデオロギーの激突の場であることを報じるメディアは少ない。日本で一番“特別な日”の水面下で展開される、不可思議な現象に評論家の古谷経衡氏が迫った。

 * * *
 熱狂には二種類ある。馬鹿馬鹿しい熱狂と、そうではない熱狂の二者だ。8月15日。先の大戦で不幸にも戦没した英霊を顕彰するという、荘厳な祈りの空間に最も似つかわしくない熱狂が、まさに九段・靖国の周辺で繰り返されていた。

 反天連(反天皇制運動連絡会)。1984年に結成された、天皇制打倒と靖国神社解体を標榜する新左翼グループである。2009年頃より毎年、靖国神社近傍の九段・水道橋付近で「靖国いらない!」のシュプレヒコールを上げる。

 これに対し、在特会(在日特権を許さない市民の会)や各種右派団体がカウンターとばかり「殺せ! 殺せ! 反天連!」を掛け声に同所に集結する。

 毎年8月15日の「恒例行事」と化した反天連VS右翼の騒擾は、両者のデモとカウンターの参加者をはるかに超える人数の、機動隊員や公安職員らが動員される「真夏の風物詩」だ。

 8月15日午後2時半に靖国神社に到着。本殿参拝のため参道を歩いていると、思想や主義を異にする各種団体のブースが目に付いた。日本会議から台湾研究フォーラム、なかには軍服姿で人目を惹く男たちの姿もあった。

 午後3時半。反天連デモ出発前に決起集会が開かれる在日本韓国YMCA会館(水道橋)に向かった。

 3階の会議室は、異様な熱気に包まれていた。参加者は100名にも満たない60~70名ほど。ビルの周りをぐるりと機動隊と公安職員が取り囲んでいる。天皇の戦争犯罪を問う、という型通りの趣旨説明が終わると、三々五々参加者たちはYMCA会館前に躍り出て整列する。

 狐の面をつけた異形の参加者が、ドライアイスの冷気の上に模造骸骨を載せている。「これは何を意味するんですか」との筆者の質問に一言「死んだ人」。みると「一銭五厘」と熨斗紙が貼ってある。

 赤紙で徴兵された「天皇制の犠牲者」の無念を訴えかけているのか。意味が分からない。すわデモ主催者の一人と思われる中年男性が詰問するように迫ってきた。

「あなた古谷さん?」
「はい」
「写真撮っちゃダメ、ダメだっ!」

 唇がプルプル震えている。

「なんで?」
「お前は、我々のデモに身分を詐称して潜入しただろうっ!」

 私は、2011年の8月に、この反天連デモに参加し、彼らと共に最終地点まで歩いた経験をブログ記事にアップしたことがある。男はそのことを身分詐称などと指して、私につき向かってきた。オープンなデモへの参加に詐称もへったくれもないはずだが。にわかに騒乱。「帰れ!」と怒鳴られる。

「僕はね、右翼を批判する記事も書いてるんだけど」と筆者が言うと「そんなことは分かってる!」と男。「だが、お前はだめだ!」

 肩で息をしている。怒り慣れていない普段温厚な人物なのだろう。たちまち機動隊が間に入る。

 反天連のスピーカー。「このデモへの参加は、我々が許可した者のみ! 撮影・取材を許可するメディアは、我々が選定する! 警察は我々の写真を撮るな! 肖像権の侵害だ!」。デモとは名ばかりの参加許可が必要な「お仲間」だけの示威パレードらしい。

●ふるやつねひら/1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。主な著書に『愛国ってなんだ 民族・郷土・戦争』『左翼も右翼もウソばかり』。近著に『ヒトラーはなぜ猫が嫌いだったのか』。

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
小林よしのりが靖国神社の本質を歴史を紐解きつつ熱く語る本
フジTVへの抗議デモで「我々はK-POPなんて聞きたくない!」
6万人集会での大江健三郎氏「原発はいらない!」とにっこり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP