体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

批評家絶賛の海ドラ『MR.ROBOT』監督が自信を語る! 「IT業界をリアルに表現するという課題を達成できた」

エンタメ
批評家絶賛の海ドラ『MR.ROBOT』監督が自信を語る! 「IT業界をリアルに表現するという課題を達成できた」

第73回ゴールデングローブ賞のテレビドラマ部門において作品賞を受賞、9月18日(現地時間)に授賞式が行われる第68回エミー賞においてもドラマシリーズ部門の作品賞にノミネート、アメリカの辛口レビューサイト「Rotten Tomatoes」では、”98%”と批評家から高い支持を受けるサスペンス・ドラマ 『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』。「アンチヒーローの時代に、異なる視覚言語やストーリーを語るスタイルが可能だとクリエイターたちに示す、最も重要なテレビ番組の一つだと言えるだろう」(RogerEbert.com)という高い評価を受ける本作は、サイバーセキュリティー会社でエンジニアとして働く若者、エリオット・オルダーソン(ラミ・マレック)を軸とした物語だ。エリオットは、ハッカーで構成される地下組織”f・ソサエティ”の謎めいたリーダー”ミスター・ロボット(クリスチャン・スレイター)”にスカウトされ、彼らの活動に関わっていく。

エリオット(ラミ・マレック)、”ミスター・ロボット(クリスチャン・スレイター)”
現在、Amazonプライム・ビデオにて、見放題独占配信中のシーズン2では、本作の企画者でありシーズン1の製作・脚本を担当したサム・エスマイルが全12話の監督を務めている。この度、そんなエスマイル監督が本作の製作やシーズン2の見どころについて語ってくれた。

サム・エスマイル
–『ミスター・ロボット』はどのようにして生まれたのですか?

僕は若い頃、すごいIT系オタクだったんだ。ずっとその文化に魅力を感じていたので、映画監督として、そして脚本家として、それを題材にした映画やテレビ番組を開拓してみたくて…。あまり語られることのないこの文化について語りたいという僕の熱意が、またとないタイミングで実現したんだ。

–当初、長編映画を想定して作られたそうですね。テレビドラマだと考え直したのはなぜですか?

僕がくどい人間だからだよ(笑)。長編映画として脚本を書き始めたんだけど、90ページくらい書いて、第一幕の半分にも行っていないことに気付いたんだ。当時、僕のマネージャーであるアノニマス・コンテント社のチャド・ハミルトンたちが製作した『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』(2014年HBO)の放送が始まった。僕はそのドラマが大好きだったから、自然な流れで『ミスター・ロボット』もテレビドラマシリーズにしようと思ったんだ。

–放送に漕ぎつけるまでは大変でしたか?

テレビの仕事をしたことがなかったので、業界のことが何もわからなかったんだよ。だから、この番組は長い劇場用映画だというつもりで脚本を書き、撮影したんだ。それが、シーズン2に入って、自分で全エピソードを監督することにした理由だよ。ただ単に、そうした方が僕の映画製作者としての考え方にフィットするから…。変な話だけど、USAネットワークは、そんなすべてに価値を見出してくれたんだと思う。

僕はまだ今でも、なぜ彼らが僕を信頼してくれたかわからないんだ。テレビ番組を仕切ったことのない男に、3エピソードの監督と、5エピソードの脚本を任せるなんて。そのうえ、こんな奇妙で、異様ともいえる型破りな番組だよ? 実際のところ、彼らは単に題材を気に入って、応援したいと思ってくれたんだろうね。とても勇気のいることだったと思うし、彼らにはとても感謝しているよ!

1 2 3次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会