体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた

会社へ行って、週末は適当に予定を入れて。何の変化もない毎日が続いている。でももし、もう一度自分を変えるチャンスがあったなら…。

そんなことを思わせてくれたのが、2016年9月3日、さいたまスーパーアリーナで開催された「東京ガールズコレクション(TGC)」。憧れのトップモデルやアーティストが結集するステージに、約3万人の観客が声援を送ります。

オーディションで選ばれたシンデレラガール

20160905_integrate_2.jpg

約3万人の観客が声援を送るTGCのランウェイ

注目は、次世代のトップモデル・トップアーティストを発掘すべく行われる日本最大級のオーディション「東京ガールズオーディション(TGA)」。約2万人の応募者のなかからオーディションを勝ち進んだ、モデル部門のファイナリストの最終審査はTGCのランウェイを歩く姿――。

8人のなかから資生堂賞に選ばれ、TGCでランウェイデビューを果たした王子咲希さんを追いました

あの空間を、今度は自分がつくり出したい

20160905_integrate_3_1.jpg

オーディションに臨む王子さん

華やかに見える世界の舞台裏。デビューまでの道のりは平坦ではありません。

王子咲希さんは、兵庫県神戸市出身の20歳。

「自分に満足できない」ことが、オーディションに応募したきっかけでした。前回の「東京ガールズコレクション」では、会場に入った瞬間に、その空気感に圧倒されたそう。

「思わず鳥肌が立ったあの空間を、今度は自分がつくり出したい――」

そんな強い思いにかられ、エントリーを決意。でも王子さんは、自己PRが大の苦手でした。オーディションではウォーキングや歌唱テストに加え、30秒間にわたる自己PRを乗り越えなくてはなりません。

外見だけではなく、自分がどういう人間であるかを伝えるという、ごまかせない場面

160903_integrate_1.jpg

オーディション時にヘアメイクをしてもらう王子さん。なにもかもが初めての体験

私には、何か飛びぬけているものがない。だから自分と向き合うこと、自分の強みを探すことに、何よりも時間をかけて努力しました

まっすぐ前を見て、かみしめるように話す言葉は、審査員の心にたしかに届いたのです。

ランウェイで「最高の自分」を表現する

20160905_integrate_5.jpg

東京ガールズオーディションの最終審査で、堂々とランウェイを歩く様子

そして迎えた、「東京ガールズコレクション」当日。

王子さんは、もともとウォーキングが好きで、TGCの50メートルのランウェイに立つことに何よりも憧れていた、と言います。

夢の舞台では、堂々とした足取りで伸びやかなウォーキングを披露。ペンライトの光が舞い、約3万人の熱気と視線が集中する大舞台で、緊張をはねのけるかのように浮かべた笑顔には、思わず応援したくなる初々しさがありました。

見事に資生堂賞を受賞した王子さんは、このあと再びランウェイに舞い戻ることに。そう、プロとしての初舞台が待っているのです。受賞の余韻も冷めやらぬまま、急いでバックステージに戻った王子さんを、ヘアメイクアップアーティストが迎えます。

不安を勇気に変えたメイクの魔法

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。