ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今さらじゃなくて、今から。血色感チークが大人のデビューに自信をくれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社へ行って、週末は適当に予定を入れて。何の変化もない毎日が続いている。でももし、もう一度自分を変えるチャンスがあったなら…。

そんなことを思わせてくれたのが、2016年9月3日、さいたまスーパーアリーナで開催された「東京ガールズコレクション(TGC)」。憧れのトップモデルやアーティストが結集するステージに、約3万人の観客が声援を送ります。

オーディションで選ばれたシンデレラガール

約3万人の観客が声援を送るTGCのランウェイ

注目は、次世代のトップモデル・トップアーティストを発掘すべく行われる日本最大級のオーディション「東京ガールズオーディション(TGA)」。約2万人の応募者のなかからオーディションを勝ち進んだ、モデル部門のファイナリストの最終審査はTGCのランウェイを歩く姿――。

8人のなかから資生堂賞に選ばれ、TGCでランウェイデビューを果たした王子咲希さんを追いました

あの空間を、今度は自分がつくり出したい

オーディションに臨む王子さん

華やかに見える世界の舞台裏。デビューまでの道のりは平坦ではありません。

王子咲希さんは、兵庫県神戸市出身の20歳。

「自分に満足できない」ことが、オーディションに応募したきっかけでした。前回の「東京ガールズコレクション」では、会場に入った瞬間に、その空気感に圧倒されたそう。

「思わず鳥肌が立ったあの空間を、今度は自分がつくり出したい――」

そんな強い思いにかられ、エントリーを決意。でも王子さんは、自己PRが大の苦手でした。オーディションではウォーキングや歌唱テストに加え、30秒間にわたる自己PRを乗り越えなくてはなりません。

外見だけではなく、自分がどういう人間であるかを伝えるという、ごまかせない場面

オーディション時にヘアメイクをしてもらう王子さん。なにもかもが初めての体験

私には、何か飛びぬけているものがない。だから自分と向き合うこと、自分の強みを探すことに、何よりも時間をかけて努力しました

まっすぐ前を見て、かみしめるように話す言葉は、審査員の心にたしかに届いたのです。

ランウェイで「最高の自分」を表現する

東京ガールズオーディションの最終審査で、堂々とランウェイを歩く様子

そして迎えた、「東京ガールズコレクション」当日。

王子さんは、もともとウォーキングが好きで、TGCの50メートルのランウェイに立つことに何よりも憧れていた、と言います。

夢の舞台では、堂々とした足取りで伸びやかなウォーキングを披露。ペンライトの光が舞い、約3万人の熱気と視線が集中する大舞台で、緊張をはねのけるかのように浮かべた笑顔には、思わず応援したくなる初々しさがありました。

見事に資生堂賞を受賞した王子さんは、このあと再びランウェイに舞い戻ることに。そう、プロとしての初舞台が待っているのです。受賞の余韻も冷めやらぬまま、急いでバックステージに戻った王子さんを、ヘアメイクアップアーティストが迎えます。

不安を勇気に変えたメイクの魔法

プロとしての初舞台。同時にランウェイデビューを果たしたモデルのmiuさん(写真左)、MOETさん(写真中央)と。

優雅なモスグリーンのドレスをまとい、秋らしい深みのあるメイクをした王子さんは、優雅なオーラあふれる大人の「いい女」に変身

同時にランウェイデビューを果たしたモデルのMOETさん、miuさんと並んでランウェイを歩く姿は、わずか数時間のあいだに別人のように輝きを増していました。

王子さんの不安を勇気に変え、プロのモデルへと変えてくれたのはメイクアップの魔法

ひときわ美しく輝いていた王子さんのランウェイメイクは、「インテグレート」のコスメを使用したものでした。若さに頼った「カワイイ」ではなく、自分の力で本当の「いい女」に近づくために。

その人だけの個性をアップデートしてくれるのが、2016年9月にリニューアルする「インテグレート」です。

日常をドラマに変える血色感チーク

シグネチャーアイテムの「メルティーモードチーク」は、うるっとした質感のクリームがサラサラパウダーに変わる、ムラにならない2色のチークカラー

ふんわりと光をまとったピュアな肌と、肌の内側からにじみ出るようなツヤを出してくれる血色感チークが、あなたの気持ちを強く伝えてくれるはず。

恋にも仕事にも、あと一歩、挑戦する勇気をくれる「インテグレート」のメイク。何気ない日常でも、「新しい私にデビュー」できる瞬間は誰にもあります。メイクで自分の幅を広げるほど、そのチャンスは無限に広がっていくのです。

デビューって特別なことじゃない

ランウェイデビューを果たし、バックヤードに戻った王子さん。

「TGCのランウェイを、モデルとして歩けたのが本当にうれしかった。オーディションのときは、自分らしさを出すことを目標に歩いたけれど、着替えてヘアメイクをしてもらったら気持ちが変わったんです。このイメージにどれだけ近づけるかなって。それだけを考えていました」(王子さん)

最後に、「もっと自信を持ちたい、夢を叶えたい」と思う女性に、王子さんからメッセージをもらいました。

「オーディションのときから弱音ばっかり吐いていたけれど、一歩を踏み出すことが大事だと思いました。きれいごとかもしれないけど、挑戦すること、夢を持つことで、自分自身が輝いていられるなって。自分の可能性を信じてほしいって思います」(王子さん)

インテグレート」とはじめる新しい自分。血色感チークで頬をうるませたら、いつものオフィスや街が舞台に変わります。デビューって、じつは特別なことじゃないのかもしれません

TGC DEBUT PROJECT, インテグレート

撮影/八木竜馬(1、2、5、6枚目)、廣田達也(8枚目) イメージ写真/Shutterstock 取材・文/田邉愛理

■ あわせて読みたい

男子は「おならを気にしすぎる女子」が正直しんどい #男子の本音
楽しさの裏に涙あり。夏満喫しすぎて失敗しちゃったエピソード
女優の肌のつくり方。加工アプリに頼らない人生はじまる
彼との旅行は2泊3日が限界です。お腹のハリが辛いから
バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題
結婚と仕事。アラサーの適齢期って誰が決めたの?
まずは「つや玉」を手に入れる。憧れの大人女子になる第一歩

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP