体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

味つき氷で最後までおいしくいただける♪ 流行りの台湾風かき氷がウマい!

f:id:ponparemall:20160905111948j:plain

シャリシャリの氷に赤や青のシロップをかけて、頭をキーンとさせながら食べるのが一般的だったかき氷。でも最近は、氷をふわふわに削ったり、フルーツをトッピングしたり、さらには氷自体に味をつけたり…と、かき氷の世界も進化しています。そこで今回は、最新のかき氷作りにチャレンジしてみました。

もっと贅沢に氷を楽しみたい! 最新かき氷事情

最新かき氷を作るにあたって用意したのは、ドウシシャから発売している「電動ふわふわ とろ雪かき氷器」。テレビなどでも取り上げられ、今年春の発売当初は入手困難になった人気商品です。

f:id:ponparemall:20160905112016j:plain

ドウシシャ 電動ふわふわ とろ雪かき氷器/参考価格6,080円(税込/編集部調べ)

在庫をチェックする⇒

「“少し価格が高くてもおいしいものを食べたい”という需要が増えてきたことで、台湾風かき氷のような氷自体に味がついていて、ふわふわのスイーツのような食感の新しいタイプのかき氷が受け入れられている気がします。そしてそれが家庭用の商品にも波及し、このかき氷器がヒットしたのだと思います」(ドウシシャ 青木さん・以下同)

今流行りの台湾風かき氷を自分で作って食べてみたい!…ということで、ドウシシャさんがホームページで公開している、「とろ雪かき氷器」を使ったおすすめレシピを中心に試してみました。サイト非公開の裏ワザも教えてもらったので要チェックです!

【おすすめレシピ1】

いちごミルク氷

手はじめに、いちごミルク氷を作りながら、かき氷づくりの基本を覚えていきます。初めてのかき氷作りにワクワクです♪

f:id:ponparemall:20160905112300j:plain

まずは氷作りからスタート。

用意するのはいちごジャム(60g)、牛乳(100g)、練乳(10g)

f:id:ponparemall:20160905112304j:plain

作り方は簡単。材料をすべてボウルに入れてかき混ぜるだけ。青木さん曰く、うまく作るコツは「材料をしっかり混ぜること」。練乳がボウルの底に残りやすいので、気をつけながら混ぜました。

均等に混ざったら、付属の製氷カップへ。説明書によると「カップの8分目ぐらいの量がベスト」だそうです。教えていただいた配分で材料を混ぜると、ちょうどそのくらいの量になりました。

f:id:ponparemall:20160905112412j:plain

付属のフタをして、冷凍庫へ。使う材料にもよりますが、大体5時間ほどでカチカチになりました

いよいよかき氷器の出番です! 製氷カップをひっくり返し、底部分を親指で押して氷を出します。氷を機械にセットし、スイッチON!

f:id:ponparemall:20160905112441j:plainf:id:ponparemall:20160905112432j:plain

ガリガリというより、ウィーンという音を立てながら、氷がリボン状に削られて出てきました!

f:id:ponparemall:20160905112530j:plain

手にとってみるとこんな感じ。花びらのような形ですね。写真の背景を見てもらうとわかるように氷が飛び散るので、ふきんなどを敷いたほうが、片づけが楽そうです。

f:id:ponparemall:20160905112541j:plain
1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。