ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ミス・ワールド2016日本代表】象使いの資格をもつ「吉川プリアンカ」さんに決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界最大のミスコンテスト・【ミス・ワールド2016】日本大会が9月5日、都内ホテルで開催されました。

 

131カ国が参加する【ミス・ワールド2016】。日本大会は今回で4度目となり、6,920人の中から厳しい書類選考やオーディションを通過した31人が選ばれ、日本人ならではの美しさを競いました。

 

栄えある日本代表に輝いたのは、インド人の父と日本人の母を持つハーフ美女、吉川プリアンカさん。東京都出身で、モデルや通訳の仕事をこなしている22歳です。

 

名前を呼ばれた瞬間、手で口を覆いながら涙して喜んだ吉川さん。スピーチでは「ここに立てているのは、事務局やスポンサーさん、家族、友人など私に関わってくれた人のおかげ」と感謝の言葉を述べ、「夢がひとつ叶った。体をつくって、堂々と日本の和心を世界に伝えたい」と、決意を新たにしました。

アジアンビューティーは象使いの資格持ち

※グランプリのトロフィーを手に喜ぶ吉川プリアンカさん。ミスコンの参加は初めてという吉川さん。「ミス・ワールドは歴史もあって、規模も大きな大会。せっかくだったら大きな舞台に」との思いから出場しました。

 

身長176cmというスタイルに、エキゾチックな雰囲気を併せ持つ彼女の趣味は、キックボクシングや1人旅、読書、絵。アートセラピストの肩書きを持つほか、タイなどで観光客らを乗せる象を操る「象使い」の資格も。「ラオスで取得しました。普通の資格はおもしろくないかなと思って」と眩しい笑顔で話していました。

2015年日本代表の中川知香さんも登場

※審査員として参加したミス・ワールド2015日本代表の中川知香さん

 

当日は、昨年のミス・ワールド日本代表、中川知香さんも審査員として登場。「昨年の世界大会は1カ月間気が抜けなかった。インドネシア代表の人と同部屋で、クラスメイトのように仲良くなりました」と、昨年の活動を振り返り「あっという間に1年経ちます。楽しんでミス・ワールドの仕事をしてください」とエールを送っていました。

 

タレントやモデルだけでなく、大学生や会社員もファイナリストに選出された今回の日本大会。

惜しくも準日本代表となったのは日本大学歯学部の槙野美里さん、早稲田大学国際教養学部の山下ひまわりさん、モデル、女優のロバートソン夏妃さんの3人。審査員特別賞は如月さえさん、小森しずかさん、鈴木早紀さん、林真由さんがそれぞれ受賞しました。

 

【ミス・ワールド2016】世界大会は11月29日~12月28日まで、アメリカのワシントンD.Cで行われます。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP