ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイスと日本のデザイナーによる和紙と最新テクノロジーのコラボ展「PAPER GARDEN」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年9月1日(木)から9月11日(日)まで、東京・青山の「スパイラル1階・スパイラルガーデン」にて「PAPER GARDEN ‒ atelier oï and SPREAD」展が開催されています。

本展は、スイスを拠点に活動するデザインスタジオ「atlier o ï(アトリエオイ)」と日本のデザインユニット「SPREDS(スプレッド)」によるコラボレーション企画展。会場にはそれぞれのデザイナーが和紙を使って制作した作品が展示されます。

アトリエ オイが手がけたのは、岐阜県と連携して進めてきたプロジェクトから生まれた本美濃和紙によるシノグラフィー作品「Honminoshi Garden」。スプレッドからは特殊フィルムや粘着技術に定評のある株式会社ニトムズとともに開発した新しい発想のテープ「HARU stuck-on design;」が出品されます。

両作品ともに2016年4月に開催された世界最大のデザインの祭典・ミラノサローネで発表され話題となったもの。性質の異なる和紙を使いながら多層的な光の空間を表現した「PAPER GARDEN」。伝統と新時代のテクノロジーが融合する幻想的な世界が現れます。 PAPER GARDEN ‒ atelier oï and SPREAD

会期:2016年9月1日(木)~9月11日(日)

会場:スパイラルガーデン/東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1階

参加デザイナー:atelier o ï(アトリエ・オイ)、SPREAD(スプレッド)

▽デザイナープロフィール atelier o ï (アトリエ・オイ)

1991年スイスのラ・ヌーヴヴィルにて、オーレル・エビ、アルマン・ルイとパトリック・レイモンにより設立。25年にわたりジャンルの隔たりを無くすことや多分野にわたる創造性を培うことに励んできた。「多様性、団結心、素材との親密なつながり」というのが彼らの合い言葉。直感的で感情的な親和性とさまざまな素材を形づくることにより生まれた彼らの作品は世界中で評価されており、アルテミデ/ダネーゼ、ブルガリ、フォスカリーニ、ルイ・ヴィトン、リモワ、ビクトリノックス、USMモジュラーファニチャー等世界の一流ブランドをクライアントとしている。今秋、AXISギャラリーにて東京で初めての活動を総括する展覧会を控えている。

SPREAD(スプレッド)

小林弘和と山田春奈によるクリエイティブユニット。環境・生物・物・時間・歴 史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れその記憶から境界を越えて「SPREAD=広がる」クリエイティブを行う。「カラーとコンセプト」を特徴にロゴ、CDジャケット、展覧会などのグラフィック、プロダクト、パッケージのデザイン&ディレクションに広く関わり、常に社会提案を心がける。生活の記録をストライプで表現する「LifeStripe」を2014年より発表。スパイラルガーデン(東京/2012)、ミラノフオリサローネ(イタリア ミラノ/2012-15)、RappazMuseum(スイス バーゼル/2014)など世界中で展覧会を開催している。主な受賞歴に、D&AD賞、red d ot d esign賞、iF d esign賞、ドイツデザイン賞、Pentawards、アジアデザイン賞、グッドデザイン賞ほか。

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

芹沢銈介デザインと手仕事が融合したアイテムのクラフト市!
バイヤープライスの蚤の市! 北欧買い付け品が提供される「BUYERS LOPPIS」開催
会期残りわずか! グッドデザイン賞審査委員76人のデザインが丸の内に集合「私のデザイン」展

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP