体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夢がつまった牧場「伊勢ファーム」で、牛を見ながらソフトクリームを食す!

f:id:mesitsu_lc:20160710162354j:plain

空の青、木々の緑、そこに輝く真っ白なソフトクリーム!

これぞまさに「THE 北海道

今回、ご紹介するのは牧場直営のソフトクリーム屋さんです。

しぼりたての牛乳を使ったソフトクリームを販売している牧場は数あれど、

「伊勢ファーム」は、さらに先へ、上へと目を向けている酪農家さんです。

世界に通用するブルーチーズ、

安心安全な豚肉で作るウィンナー。

両親の背中を見て育った2人の息子さんが、それぞれの道で活路を広げています。

今回は、酪農一家のロマンが光る、絶品グルメをご紹介しましょう。

酪農とそばの里・江丹別へ

f:id:mesitsu_lc:20160710162331j:plain

朝は牛乳、おやつにソフトクリーム、夜はチーズ。

乳製品ラブなメシ通レポーターの裸電球です。

旭川市の中心部から車で約40分の場所に、江丹別町はあります。

f:id:mesitsu_lc:20160710162329j:plain

自然豊かな土地は、酪農とそばが有名。

寒暖差のある気候が、風味豊かなそばを生むのです。

江丹別の寒さを、そこらへんの寒さと一緒にされては困ります。

だって「日本の最低気温第3位を記録したマチ」なんですから。

その記録はなんと-38.1℃!(1978年観測/気象庁発表)

-38.1℃って!

さすがに近年はそこまで下がりませんが、

それでも江丹別は寒さが厳しいエリアなんです。

f:id:mesitsu_lc:20160710162328j:plain

さらに、こんな看板も立っているわけです。

冬季間は閉鎖される道、北海道には結構あるんですよね。

寒い上に雪深い。

この環境で牛を飼うなんて、相当な覚悟が必要なんだろうなぁ。

f:id:mesitsu_lc:20160710162358j:plain f:id:mesitsu_lc:20160710162348j:plain

到着しました、伊勢ファーム「カウ&カーフ」です。

ご両親と2人の息子さんが「美味しいもの」をあれこれ作っています。

f:id:mesitsu_lc:20160710162340j:plain

モォ~~~。

優しそうな表情の牛さんがのっしのっしと登場です。

かわいいな〜。

f:id:mesitsu_lc:20160710162346j:plain

牛を可愛がる伊勢 昇平さん。

伊勢さんが放牧地に入ると、牛のほうから「こんにちは」と近寄ってきます。

とはいうものの大きな身体ですので、迫力満点です。

f:id:mesitsu_lc:20160710162347j:plain

広大な敷地で、ジャージー、ブラウンスイス、ホルスタインの

3種類の牛を育てています。

パッと見るといないように見えますが、

日中の暑い時間帯は、木陰で休んでいるんですって。

f:id:mesitsu_lc:20160710162343j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。