ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【イビキに悩んでいる人必見】独自のマイクロ音と振動でイビキを防ぐスマートツール「Snore Circle」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SnoreCircle家族やパートナーのイビキに悩んでいる人もいるだろう。周りの人が騒音で寝られないのはもちろん、イビキをかいている本人の健康問題にもかかわってくる。

そんなイビキを対策しようとさまざまなツールがつくられているが、「Snore Circle」もそんな1つで、世界でも画期的なスマートツール。

・やわらかいシリコン製、アプリと連動

やわらかいシリコンでできた耳掛けタイプのデバイス本体は、大きさが62×44×13ミリメートル、重さが18グラムで、コンパクトで軽量。Bluetooth4.0に対応しており、専用アプリと通信する。

寝ている間に、喉の筋肉が弛緩して呼吸の妨げとなり、それがイビキの原因となる。うまく呼吸できていないため、本人の睡眠状態にも悪影響を与える。

SnoreCircle2「Snore Circle」では、高度な“骨伝導”と“音認識”のテクノロジーを採用。これが正確にイビキを特定し、機能を自動的に発動させる。

設定はあらかじめ選んでおくことが可能だ。弱~強まで54段階からレベルを選べる。

・マイクロ音と振動が脳神経に作用

デバイスからはマイクロサウンドと微弱な振動が発せられ、耳の中から、副交感神経や咽頭神経を司る脳神経の一つである“迷走神経”に働きかけて、喉の筋肉を引き締め、気道を拡張させる。そうすることで、スムーズな呼吸ができるようにサポートするのだという。

夫婦同室で寝る人、旅行中の仮眠、子どもや高齢者のイビキ対策などにピッタリ。身体に負担をかけることなく、イビキを軽減することができる。

・専用アプリで計測データをチェックしよう

使い方はとっても簡単。あらかじめ好きな設定に調節した後、「Snore Circle」を片耳に掛け、電源をオンにして、後は寝るだけ。

SnoreCircle3睡眠中に取得されたデータは、専用アプリに送られ、計測数値やこれまでの履歴をまとめてチェックすることができる。

総睡眠時間や何回イビキが防止されたのか、どの時間帯にどれくらいの眠りの深さにあるのか、睡眠の質の点数など、自身の睡眠状況を把握しよう。

電池容量は80mAh、フルチャージに2時間ほどかかり、およそ2晩もつという。

・現在出資受付中、30日間の返金保証も

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中の「Snore Circle」。すでに目標金額2万5000ドル(約250万円)をクリアしている。

もし、購入者が効果に満足しなかった場合、30日以内なら返金保証する制度を導入しているので、安心して試してみることができそうだ。

Snore Circle

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。