ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大人の嗜み】新大阪にあるこだわりの厳選焼酎が集まるお店おすすめ4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

和田アキ子プロデュースの人気店

【わだ家 新大阪店】こだわりの豚しゃぶしゃぶと創作和食の店

和田アキ子さんがプロデュースした、厳選ブランド豚を使ったしゃぶしゃぶと創作和食のお店です。全国から取り寄せた豚と新鮮野菜を使った料理の数々は絶品です。店内も照明をおとした落ち着いた大人の雰囲気となっており、ゆっくりと食事を楽しみことができます。わだ家では、芋・麦ともにオリジナルの焼酎を提供しているので、一度はご賞味くださいませ!

全国のブランド豚を使ったしゃぶしゃぶ

他では飲めないオリジナルの本格焼酎は麦と芋の二種類が味わえます

上質で落ち着いた店内

お菜屋 わだ家 新大阪店

新大阪 / 居酒屋 平均予算: 5500円(通常平均) 5000円(宴会平均) アクセス: 大阪府大阪市淀川区西中島5‐11‐9 新大阪中里ビル1F

こだわりの絶品もつ鍋と焼き鳥のお店

【つかみ鳥】厳選食材を使った絶品料理と200種類のお酒

こだわりの食材を使ったもつ鍋は臭みがなく白味噌、赤味噌、キムチなどだし汁の味も好みに合わせて選ぶことができます。焼き鳥も鶏だけでなく、巻物や牛たんなどこだわりの食材を使ったメニューが豊富です。もつ鍋や焼き鳥に合う、お酒は焼酎を中心に200種類あり、好きなお酒が必ず見つかること間違いなし。店内は昔ながらの雰囲気でゆっくりと過ごすことができます。

臭みのない食材にこだわったモツ鍋

焼酎など200種類ものお酒が揃います

店内は落ち着いた雰囲気

つかみ鳥(https://www.hotpepper.jp/strJ000447676/)

新大阪 / 居酒屋 平均予算: 3000~3500円 アクセス: 大阪府大阪市東淀川区東中島2-12-4-102

絶品のお好み焼きと創作鉄板料理のお店

【五郎っぺ屋 新大阪店】料理に合う本格焼酎が108種類

駅直結のこだわりのお好み焼きと創作鉄板料理のお店です。お好み焼きだけでなく、ステーキや焼きそば、豚平焼など、様々な鉄板メニューを味わうことができます。店内には全国各地の人気の焼酎が108種類も揃っており、料理との相性も抜群で、本格的なお好み焼きと一緒に、本物の味も楽しむことができます。店内は広々とゆったりとしており、美味しい鉄板料理とお酒というシンプルで極上の体験ができるのでおすすめです。

絶品のお好み焼きと鉄板料理

全国の焼酎が108種!

居心地の良い明るい店内

五郎っぺ屋 新大阪店(https://www.hotpepper.jp/strJ001099036/)

新大阪 / お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼き 平均予算: 2000円 アクセス: 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 新大阪1階 味の小路

とにかく焼酎の種類が豊富なお店

【ZEN STYLE 一作】九州の新鮮な魚介料理とお酒が堪能できます

一作は九州の新鮮な魚介料理やお酒をメインに提供してくれるお店です。身が引き締まった恵比寿活あじ、活さばは、お造りでもフライでも美味しくいただけます。焼酎の種類はとにかく豊富で、定番ものから珍しいもの、オリジナルのものまでいろいろ楽しめます。店内も間接照明を施し、落ち着いた雰囲気なので、ゆったりとお酒を楽しめますよ。

身が引き締まった恵比寿活あじと恵比寿活さばはぜひご賞味ください

九州の新鮮な魚介を堪能できます

程よい照明とゆったりソファでのんびりお酒と料理を楽しめます

ZEN STYLE 一作(https://www.hotpepper.jp/strJ000017533/)

新大阪 / 居酒屋 平均予算: 3500円~4000円 アクセス: 大阪府大阪市淀川区宮原4-3-23 1F

まとめ

いかがでしたでしょうか?どのお店もこだわりの食事と厳選焼酎を楽しむことができます。店内の雰囲気も落ち着いていますので、食事とお酒をゆっくりと楽しむことができます。デートにも使える隠れ家的な穴場のお店も多いので、ぜひ足を運んでみてください。

※本記事は2016/09/05に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【男性必見】大阪・堺東でガッツリ飲み食いができるコスパ高いお店おすすめ4選
【大阪・天王寺】合コンに使える駅近のおしゃれ居酒屋おすすめ4選
【心斎橋】大人の合コンにおすすめな雰囲気抜群の居酒屋4選

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP