ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわりの雌牛ロース専門店で味わう「BIGリブロース」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月3日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、東京都・日本橋の涼スポット巡りを特集。タレントのホンジャマカ・石塚英彦さんが「高屋敷肉店」(東京都中央区)を訪れた。

JR東京駅より徒歩5分ほどの同店は、オーナーのご実家である食肉卸店直営の雌牛ロースとホルモン焼肉の専門店。
「サンタクロースよりリブロースが大好き」という石塚さんが店頭の看板の文字に惹かれて入店。まずはおすすめメニューの「えんがわ一本焼」(1058円/税込み)をオーダー。30センチほどある豚のハラミを長いまま豪快に焼き、お好きなサイズに切って頂く。食した石塚さんは「まいう~!」と声高くコメント。「これは牛ハラミには出せない味ですね。塩だれが抜群にまいう~!!」と興奮気味。
そしてメインの「BIGリブロース」(2138円/税込み)は、まるでステーキのような大きさで登場。店主がゲタ、リブ芯、リブ巻き、と3つに部位分けして切り、石塚さんはリブ芯から味わうと「まいう~!豚の脂と牛の脂は全然違いますね!」と幸せそうにコメント。ゲタは「リブ芯よりも肉肉しくて、より肉を食べてるぞ、って感じがしますね」と絶賛し、店主も「石塚さんに食べて貰えて牛も喜んでると思います」と笑顔がこぼれた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:雌牛ロースとホルモン専門 高屋敷肉店 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日本橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:日本橋×居酒屋のお店一覧
人気の熟成肉を使った牛かつ
濃厚なカレーの味わいがたまらない!「バターチキンマサラ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP