ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丹波産イノシシを使用した「猪鍋」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月3日放送の「ぶらぶらサタデー」(フジテレビ系、午後12時00分~)では、両国を散策しながらグルメや名所を巡る中で、有吉弘行さん、ビビる大木さん、井森美幸さん、稲村亜美さんが「ももんじや」(東京都墨田区)を訪れた。

JR総武線両国駅から徒歩5分ほどにある同店は、1718年創業の獣肉料理専門店。イノシシをつかった「しし鍋」などの獣肉料理が味わえる。鶏肉いがいの肉食が禁止されていた江戸時代に栄養価の高いイノシシを「山くじら」と呼びこっそり食べていた歴史のある店だ。

ヘルシーなのに栄養たっぷりで女性のお客さんに人気の「鹿ソース焼き」は、日本酒を加えて臭みを飛ばした鹿肉に、秘伝の甘ずっぱいソースを絡めた一品。同じソースを使用した「熊ソース焼き」は個性的な味が楽しめる一品だ。

クセが少なく脂が甘くあっさりとした味わいの丹波産のイノシシを使用した「猪鍋」は割り下に味噌を合わせたタレで煮込んだ一品。イノシシは豚肉と違い脂身を食べる食材で、長時間煮込んでも硬くならないのも特徴。稲村さんは「おいしいです!全然クセないです」「豚と牛の中間ぐらいですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ももんじや (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:両国のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:鍋のお店紹介
ぐるなび検索:両国×鍋のお店一覧
人気の熟成肉を使った牛かつ
濃厚なカレーの味わいがたまらない!「バターチキンマサラ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP