ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『Pitch Perfect 3(原題)』、トリッシュ・シーが監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エリザベス・バンクスが、映画『Pitch Perfect 3(原題)』の監督を降板したことを受け、米ユニバーサル・ピクチャーズは、同スタジオが手掛ける中で最も人気がある同シリーズの次作の監督を決定するべく素早く行動し、トリッシュ・シーを監督に指名した。

本紙ヴァラエティは、今年これまでに、バンクスが3作目の監督を降板することを最初に報じた。バンクスは、6月の全米製作者組合によるプロデュースト・バイ・コンフェレンス(Produced By conference)で、母親の務めを果たすために監督を辞退する決断をしたと説明した。

バンクスは9月1日(現地時間)の午後に、新しく監督となったシーへのサポートを、「#PitchPerfectは新たなリーダーを得た― とても興奮している。トリッシュ・シーが#PP3の監督よ!」と、ツイートした。




ユニバーサルは最近、バンクスの代わりを見つけるために同作の米劇場公開を2017年12月22日に延期していたが、すでにシー監督との契約を済ませており、製作はスケジュール通りに行われるはずだ。

同シリーズ1作目はジェイソン・ムーアが監督を務め、製作費1500万ドルで興行収入で大成功を収めた後、ムーア監督は、ユニバーサルが2作目にゴーサインを出すよう、シリーズ化を立ち上げる手助けを行った。

アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウは、全員が再出演の契約を交わしており、ケイ・キャノンが脚本を執筆中だ。マイク・ホワイトが過去のドラフトを執筆した。

バンクスはゲイル役として再出演し、ブラウンストーン・プロダクションズのマックス・ハンデルマン、ポール・ブルックス、ゴールド・サークル・フィルムズのスコット・ニーマイヤーと共にプロデューサーを務める。製作部門副社長のサラ・スコットが、ユニバーサルで同プロジェクトを管理する。

『Pitch Perfect 3(原題)』は、シー監督にとってこれまでで最大の作品となるが、映画『ステップ・アップ』シリーズで最も新しい映画『ステップ・アップ5:アルティメット』を監督したこともあり、ミュージカル作品は初めてではない。

シー監督は、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP