ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

尾崎裕哉 自身の名義では初となる作品『始まりの街』配信リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 尾崎裕哉名義としては初の作品として、2016年9月5日に1stシングル『始まりの街』が先行配信リリースされた。

 タイトル曲は、母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね」と言われたことに、「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝えるために書き下ろされた。その歌詞には、過去から現在そして未来までも見つめ、 前を向いていく尾崎裕哉の真っ直ぐな姿勢が投影されており、大切な人を持つ多くの人が共感できる内容となっている。7月16日に放送されたTBSの大型音楽番組『音楽の日』では、父の名曲「I LOVE YOU」と共に生放送でパフォーマンスされ、同番組の瞬間最高視聴率を記録した。

 なお、現在はiTunes Store、Apple Music、レコチョクにて先行配信されており、9月9日からはその他の主要配信サイトでの一斉配信がスタートする。

◎1stシングル『始まりの街』
2016/09/05 DIGITAL DISTRIBUTION
iTunes Store:http://apple.co/2bY1aGy
レコチョク:http://bit.ly/2crPK2l

関連記事リンク(外部サイト)

尾崎裕哉、9/4デビュー・コンサートの追加夜公演が決定
尾崎裕哉の奇跡のTVライブが大反響、そして初のソロコンサートへ。
尾崎豊の息子=尾崎裕哉がTBS『音楽の日』出演 デビュー・コンサートの開催も決定!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP