体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

VOL.29 川口春奈さん(女優)&林遣都さん(俳優)

VOL.29 川口春奈さん(女優)&林遣都さん(俳優)

川口春奈さんと林遣都さん。映画やドラマで大活躍中のおふたりですが、実は本作『にがくてあまい』が初共演作。「食と愛」をテーマにした、小林ユミヲさんによる同名コミックを原作に、林さんが初のゲイ役を演じていることでも話題になっています。美男美女パワーがまぶしすぎて、まともに目線を合わせられなくなりながら、インタビューしてきました!

—-初共演ということで、それぞれに抱いていたイメージとのギャップはありましたか?

川口春奈さん(以下、敬称略)「林さんがゲイの役。すごく似合うなって思っていたんです。実際にお会いしてみると、男気のある男。”俺についてこい”みたいな意思が芯の部分に感じられて。そして、すごく真面目で、役と向き合って突き詰めていく感じが職人っぽくもありました」

林遣都さん(以下、敬称略)「お会いして一緒に過ごしてみて、思っていたよりも大人っぽく落ち着いているなと思いました。接しやすいけど、そう簡単に心は開かない。僕もそういうタイプなんですが、打ち解けてからは居心地がよくなりました。あと、すごくいたずらっぽいところがある。適当なことを言うし。そういう部分も楽でいいなと思いました」

—-役柄とご自分との共通点は?

川口「私もマキ(劇中での役名)と同じでがさつなタイプです。物事ははっきりさせたいし、好き嫌いもはっきりしてるし、自分の意見をばんばん言う。でも、その割にあとで大丈夫だったかなって気にしいのところもあって。共感できるところは多かったですね」

0712_kettle_0164.jpgがさつなキャリアウーマン・マキを演じた川口春奈さん。

林「僕は逆に、まったく共通点がありませんでした。原作を読んだ時、自分とはまったく違う要素ばかりだったので、これはちゃんと振り切ってやらなければいけない、と思いました。監督から、最低限これだけはやって欲しいと言われたのは、”ゲイ”であるというパーソナリティと、食に対する思い。このふたつを集中して作り込みました。本物の世界をまずは見なければと、ゲイの方々と交流を持ったり、二丁目にも行ったりしました」

—-やはり二丁目ではかなりの人気者でしたか?

林「これが印象的だったんですけど、全然だったんです。ゲイにモテそうだということはちょくちょく言われていましたが、みんな何を根拠に言っているんだろうと思っていたんです。実際に本物の方々に聞いてみると”あんたみたいな子を好きなのはね、実際は10%ぐらいよ。そんなモテないわよ”って言われて。だから、安心していられたんですが(笑)」

—-映画の中では、林さんが演じる渚の作る料理が、やがてふたりを家族のように結びつけていきます。おふたりにとって、心に残っている家族の味はどんなものですか?

林「僕は3人兄妹なので、みんなでガツッとサラッと食べられる料理が多かったです。よくやっていたのは、手巻き寿司。今思い出すと、家族の団らんを感じられるいいものだったのだなと、改めて思います」

0712_kettle_0122.jpgゲイの菜食主義者・渚を演じた林遣都さん。

川口「私はおばあちゃん子で、おばあちゃんの魚料理の味が心に残っています。海に囲まれた田舎で育ち、おばあちゃんも市場で働いていたので、毎日、魚が食卓に上っていました。生で食べたり、煮たり、焼いたり、揚げたり。時々思い出すと、食べに帰っています。落ち着きますよね、やっぱり」

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。