ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTEの「Project CSX」が募集アイデアの投票プロセスに移行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アイデアを公募するなどコミュニティユーザーと一緒にスマートフォンを開発していく ZTE の「Project CSX」が今月 1 日から投票プロセスに入りました。Project CSX は同社のコミュニティサイト上でアイデアを募集してコンセプトモデル化、その後、改善案や意見などのフィードバックを得ながらスマートフォンを開発していく取り組みです。予定では 2017 年の CES 2017 で開発される端末のデザインが披露されます。9 月 1 日 ~ 10 日までは募集アイデアの投票がコミュニティサイトで行われます。投票にかけられたのは、タッチパッドと指紋リーダーがハイブリッドで動作するスマートフォン、モジュール型スマートフォン、前面 100% ディスプレイだけのベゼルレススマートフォンなど、25 件のアイデアです。投票の結果は、今月中にスマートフォンのコンセプトモデルとしてデザイン化され紹介される予定です。その後、コンセプトデザイン選定のための投票にかけられます。Source : ZTE

■関連記事
Galaxy S7 / S7 edgeは8月の月例アップデートでVulkan APに対応した模様
Xiaomi、NFCタッチでの決済が可能なモバイル決済サービス「Mi Pay」を正式発表
ZenFone 3やXperia Xなどの最近のスマートフォンは準天頂衛星「みちびき」に対応している

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP