ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIAのHTC Vive向け縁日ゲームが10万DLを突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GTX1080・1070の性能を活かし、現実と同じ物理法則を再現したサンドボックス型VRデモ『VR Funhouse』が、10万ダウンロードを突破したことが明らかになりました。

高性能な物理エンジンが採用されたミニゲーム集

『VR Funhouse』は、GPUメーカーのNVIDIAが最新のGPUであるGTX1080・1070の性能を最大限に引き出すVRデモとしてリリースしたもの。HTC Vive向けの無料ミニゲーム集です。

同社の開発するVR対応ライブラリ「VRWorks」が使用されています。高性能な物理エンジンで、VRで現実と同じ物理法則を再現しています。

射的やバスケシュート、もぐらたたきにダーツといったシンプルな遊びが楽しめる本作は、7月15日のリリースから2ヶ月弱で10万ダウンロードを突破。

スマホやゲーム専用機に比べてまだまだ浸透していないVRヘッドセットということを考えると、異例の数字と言えます。

https://www.youtube.com/watch?v=nhQCV6pNqY4

新作MODとMODキットが配信開始

また、NVIDIAはこれに伴い、5つの新たなMODを配信開始しました。

ユーザーが『VR Funhouse』向けのMODを製作できるMODキットも配信開始。これにより、遊ぶ、作る、配布するといった楽しみ方が増えました。

SteamワークショップではすでにユーザーによるMODも公開されており、10万ダウンロードを突破したこともあって多くのプレイヤーが様々なコンテンツを制作することが期待されます。

『VR Funhouse』Steamストアページ(無料プレイ)
http://store.steampowered.com/app/468700

(参考)
UploadVR / NVIDIA Reveals ‘VR Funhouse’ Has Been Downloaded 100,000 Times(英語)
http://uploadvr.com/nvidia-reveals-vr-funhouse-downloaded100000-times/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP