ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

VRお絵描きソフト『Tilt Brush』、3DCG作品をSketchfabに共有可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

VRで3次元に絵を描くことのできる『Tilt Brush』が3Dデータの共有サービスSketchfabと協力し、Tilt Brushで制作した作品をオンライン上に保存するクラウドサービスを開始しました。

Tilt Brushの力作をオンライン上に保存できる

『Tilt Brush』は、Googleが開発するHTC Vive対応ソフト。デジタルペイントブラシを用いてVR内に3Dアートを制作することができます。またSketchfabは制作された数々の3DCGを閲覧することができる最大級のコンテンツシェアプラットフォームです。約50万人のクリエーターが登録しており、100万以上の3Dコンテンツがアップロードされています。VRでの閲覧にも対応しており、Oculus RiftやHTC Vive、Gear VR、スマホなど各種VRデバイスで、アップロードされている作品を見渡すことができます。

2つのプラットフォームの共通点として、クリエイターらに新たなアートの場を提供する点が挙げられます。

Tilt Brushで制作され、Sketchfabに投稿された3D作品

Jolly Bones, Yarrrr
by andreasng____
on Sketchfab

また、『Tilt Brush』は新たにブラシの効果を追加するなど、利便性向上のための調整をおこなっていくとのこと。Sketchfabのトップは「世界最大の3Dコンテンツシェアプラットフォームとして、クリエイターに貢献していく」のように述べています。

なお『Tilt Brush』はSteamにて2,980円で購入できます。

(参考)
‘Sketchfab’ and ‘Tilt Brush’ Team Up To Preserve Your VR Creations Online(英語)
http://uploadvr.com/sketchfab-tilt-brush-team-preserve-vr-creations-online/

※MoguraVRは米Upload VRのパートナーメディアです

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP