体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『こち亀』両さんにはまた会える?秋本先生「『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。」

秋本治先生の人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が集英社・週刊少年ジャンプでの連載40周年となる節目に、9月17日発売の同紙42号をもって「連載終了」することが9月3日に発表されました。

発表されたのは、東京・神田明神にて執り行われた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載40周年記念完全描きおろし絵巻奉納式の記者発表において。
当日ネットニュースでは速報が出され、後に新聞、テレビでも報じられ多くのファンを驚かせました。

【関連:40周年記念舞台『こち亀』メンバーに、ユージ、原幹恵、池田鉄洋、彩輝なお】
(特別山車)

(特別山車)

■掲載されているのが当たり前になってた「こち亀」

本作は1976年の連載開始から一度の休載もなく掲載されつづけてきたため、ジャンプを開けば「掲載されているのが当たり前」と感じていた人が多く「サザエさんと同じ感覚だった」といった声がネットにはちらほら。
(1巻表紙)

(1巻表紙)
(200巻表紙)

(200巻表紙)

■「両さんサヨウナラ」な雰囲気だけど?発表コメントでは……

さらに報道をうけネットでは「両さんサヨウナラ」というお別れ会的空気が漂っていますが、編集部からの発表および秋本先生のコメントを深読みする限りはどうやら両さん完全引退というわけではなさそう。それに発表は「終了」じゃなく「連載終了」です。

編集部の発表では「今後も週刊連載・少年ジャンプの枠を越えて、永遠に「両さん」というキャラクターは生き続けます。新たなステージに突入する『こち亀』を引き続き宜しくお願い申し上げます。」とされており、連載は終わるけど今後何らかの展開を臭わせています。直近だと9月9日には舞台の初日が控えていますしね。

さらに秋本先生のコメントにも「『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。」とあるので、続編はないかもしれませんが何らかの作品か形で今後登場する可能性はあるようです。
(秋本治先生)

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会