ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PC向けVRデバイスOSVR向けに配信予定の15作品

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mogura VRではこれまでに、Oculus RiftやHTC Vive、そしてPlayStation VRといったハイエンド向けVRHMDのコンテンツ情報、そしてモバイル向けにGear VRのコンテンツ情報を発信してきました。

現在一般的に主流とされるのは上記のVRHMDですが、今後VR技術の発展とともに、これら以外のプラットフォームも徐々に登場してくる可能性もあります。本記事では、すべてがオープンソースとして話題のOSVRに対応することが明らかになった15個のコンテンツを紹介します。

OSVRとは

OSVR(公式サイト)はRazer等が開発を進めているオープンソースのVRプラットフォームです。RazerはそのOSVR向けのHMDとしてHDK(Hacker Dev Kit)を発売してきました。

HDK2.0では、解像度が両目合わせて2160×1200の有機ELパネルを2枚使用。さらに実現するフレームレートは90fpsと、スペックだけ見ればOculus Rift製品版やHTC Viveとも並ぶ性能です。

ここからは、今回明らかになったOSVR対応予定のコンテンツをひとつずつ紹介します。すでにOculus RiftやHTC Vive向けにリリースされている作品から、現在は詳しい情報が無いものまで、合計15個です。なお、対応作品の数は今後さらに増えていくことが予想されます。

Oculus RiftやHTC Vive向けのコンテンツはそれぞれ配信プラットフォームがありますが、OSVRについては配信の方法は不明となっています。

Alice VR

開発:Carbon Studios
リリース:2016年10月

https://www.youtube.com/watch?v=M6zZ3nZQSnc

美しいグラフィックで描かれる一人称SFアドベンチャー。Oculus Rift、HTC Vive、OSVR HDKに対応予定です。

突如機能不全になってしまった宇宙船。プレイヤーは未知の惑星に緊急着陸を行う。燃料を補給して再出発するだけのつもりが、その惑星の住人は奇妙にも一人残らず消えていた……。ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」に影響を受けたいくつものパズルを解きながら、この惑星の秘密を暴きましょう。

(参考記事)
“アリス”に影響を受けたVR向けSFアドベンチャー『ALICE VR』 – Mogura VR

Infinite

公式サイト
開発:Project: Gateway VR Studios GmbH
リリース:2016年9月

一人称のSFアドベンチャー。不慮の事故で、未知の惑星に不時着した”ライリー”になって、惑星からの脱出を目指します。5つのエピソードから成り、数か月にごとに新たに追加されていく予定とのこと。

Oculus RiftとHTC Viveもサポート予定で、さらに「VRの中で歩ける」と話題になったデバイス「Virtuix Omni」にも対応する見込みです。

A-10 VR

公式サイト
開発:Futuretown
リリース:2016年10月から12月

https://www.youtube.com/watch?v=mUOpUkt7bwg

もとはHTC Vive向けにSteamで配信されていたコンテンツ(こちら)。ユーザーレビューは100件を超え、「非常に好評」という評価を得ています。

宇宙を舞台に次々と飛来する敵を倒していくFPS。内容がよくまとまっており、アーケード的に遊びきることができます。襲ってくる敵を撃退し続けるサバイバルモードは緊張感満点です。

The Brookhaven Experiment

開発:Phosphor Games
リリース:2016年10月から12月

https://www.youtube.com/watch?v=BPpFG2Q_V2I

※映像では流血など、グロテスクな表現が含まれている可能性があります。閲覧に注意してください。

もともとHTC Vive向けにリリースされていたホラーゲーム(Steamの配信ページ)。ライトの充電や銃の弾丸数が限られており、サバイバル的な要素が緊張感を煽ります。以前レビューをしたライターは「HTC Vive向けゲームの中でもダントツで怖いホラーシューティングゲーム」と評しています。Steam上でも、これまでに300件のレビューを受け「非常に好評」の評価を得ています。

(関連記事)
【HTC Vive】VR×暗闇×怪物 Vive最恐シューター『The Brookhaven Experiment』 – Mogura VR

Decent: Underground

開発:Descendent Studios(公式サイト)
Oculus RiftとHTC Vive向けにリリース済み

https://www.youtube.com/watch?v=Ko8EOVfY26k

宇宙を舞台にしたシューティングゲーム。宇宙船にのり込み、砲撃で敵を撃ち落とします。早期アクセスコンテンツとしてではありますが、Oculus Rift、HTC Vive両方で遊ぶことが可能です。Steamのページはこちら。Steamではこれまでに270件のレビューを受け、「ほぼ好評」とされています。

Radial-G: Racing Revolved

by Tammeka Games
Available Now

https://www.youtube.com/watch?v=V3Vk25D5NHQ

もともとOculus Rift向けタイトルとしてリリースされていた作品。

高速で円筒上のコースを高速で疾走するレースゲーム。コース自体は宇宙空間上に浮いており、まるで宇宙空間を疾走しているかのような体験ができます。高速で左右に揺れますが、コックピットや自分の体が表示されたりと、酔わない工夫がされています。赤い光と緑の光があり、緑の光は加速。赤い光や敵にぶつかると大破したり、減速してしまうため、避けて通らなければいけません。

Limb

公式サイト
開発:Interdiction Studios
リリース:2017年10月から12月

https://www.youtube.com/watch?v=4rP_CIPl2OA

マルチプレイヤーの一人称リアルタイム戦略ゲーム。戦艦の船橋(ブリッジ)で指揮を取り、自陣を守りながら敵を征服するゲーム。現在資金支援を募りつつ開発をしている段階で、今後アルファ・ベータテストを行っていくとのこと。

Abduction

公式サイト
開発Red Iron Labs
リリース:2016年10月31日

https://www.youtube.com/watch?v=mPBcEm3ln1U

パズル要素のあるホラーサバイバルゲーム。家で真夜中に目を覚ますと、暗闇の中でモンスターがうごめいていて・・・。Oculus RiftやHTC Viveでも遊べるようになるコンテンツです。現在SteamのGreenlight(Steamでリリースされるゲームとしてふさわしいか、事前に制作者がスクリーンショットなどを投稿してコミュニティの支援を募るシステム)に選ばれています。(こちら)

PolyRunner

開発:Lucid Sight(公式サイト)
リリース:未定

https://www.youtube.com/watch?v=tTEWV-GsZbw

戦闘機を操作して障害物を避けていきハイスコアを狙うゲーム。Gear VR・Oculus Rift・HTC Viveでは既に無料で配信されています。Steamのページはこちら。

Theme Park Studio

開発:Pantera Game Studio
リリース:未定

https://www.youtube.com/watch?v=KYAvSfHWZ8c

アミューズメントパークをデザインし、実際にアトラクションを配置。さらにはアトラクションで遊ぶことまでできるコンテンツ。たとえばジェットコースターはコース設計に始まり、乗り物の配色に至るまでカスタマイズ可能。自作のコースターはVRの一人称で体験することができるようになっています。

The Hum: Abductions

公式サイト
開発:Totwise Studios
リリース:未定

https://www.youtube.com/watch?v=Wwi2pFXsunk

UE4製の一人称ホラーゲーム。プレイヤーは夫が数か月前に行方不明となった女性となり、唯一残された一人息子とともに、一家に起きた悲劇を暴きます。

Redout

開発:34BigThings(公式サイト)
リリース:2016年9月3日(Oculus Rift、HTC Vive向け)

https://www.youtube.com/watch?v=9OLVNDQfmCo

SFチックなコースで高速の争いを繰り広げ、順位を競うレースゲーム。オンラインで12人同時対戦が可能です。SteamにてOculus Rift・HTC Vive向けのものは既にリリースされています。

RC Soccer VR

開発:Beatshapers(公式サイト)
リリース:2016年10月から12月

開発は、次に紹介する『StarDrone VR』と二作合わせてBeatshapers。2006年の設立以降、PlayStationシリーズなどに多数ゲームをリリースしています。本作品の詳細は不明ですが、車の登場するサッカーゲームのようです。

StarDrone VR

開発:Beatshapers
リリース:2016年10月から12月

https://www.youtube.com/watch?v=_kisUzal5Fc

2012年にPlayStation Vita向けソフトとして登場した『StarDrone』のトレーラー映像。

もともとは戦略要素のあるピンボールのようなゲームですが、VR版がどのような内容になるかは現在不明です。

CDF Starfighter

開発:Mad About Games Studios Ltd(公式サイト)
リリース:2016年9月

https://www.youtube.com/watch?v=pDOA6pMbuqA

UE4で描かれる美麗なグラフィックのスペースコンバット。Oculus Rift、HTC Vive向けコンテンツとして2016年4月にSteamに登場(こちら)。

350年後の未来、宇宙を荒らしまわる闇の軍勢に対抗するべく、宇宙船に乗り込んで戦いを繰り広げるゲーム。人類の運命は、プレイヤーの手にかかっています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP