ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『じゃがりこ 明太チーズもんじゃ味 Lサイズ』ソースと明太子のハーモニーは感じるが、チーズ感が少々弱いか…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1995年に登場以来カップ入りスナック・シーンでトップクラスの人気を誇り続けるのが「じゃがりこ」。常に新製品を投入し続ける攻めの姿勢はすごい。今回は『じゃがりこ 明太チーズもんじゃ味 Lサイズ』。さて、どんな味わいだろう。

蓋をめくったら磯臭い、食べるとソース味、もんじゃ焼き感が少々


カルビー『じゃがりこ 明太チーズもんじゃ味 Lサイズ』(68g・希望小売価格 税抜約170円・2016年8月1日コンビニエンスストア限定発売)は、2015年2月〜4月に期間限定で発売された「じゃがりこ 明太チーズもんじゃ味」の大容量コンビニ専売バージョン。9月には「じゃがりこ 明太チーズ」も出ているが、一応別物。


パッケージはLサイズで黒地の精悍なものなので、かわいさが特徴のじゃがりこっぽくない感覚。キャラクターはもんじゃ焼き屋の店主もんじろうで「この味、どんなもんじゃ!」とベタな一言。お馴染みのバーコード遊びは告白シチュエーション。


問題の味わいだが、蓋をめくったとたんに磯臭さが鼻を突き、明太子だということはよくわかった。そのあとソースの香りが来るので、もんじゃ焼きというのも何となく納得。しかしチーズは今ひとつ存在感が薄い。入っていると言われればなるほどという程度。


そもそもチェダーチーズをもんじゃ焼きには入れないよな、と思いつつ具材は確認できた。あとキャベツと明太子が練りこまれている。目を閉じて食べると明太子ばかりがフィーチャリングされている気がする。もちろん、美味しい。香ばしいし、味も濃いし、おつまみ系じゃがりことしてはいい線いっていると思う。


ただこれじゃなくちゃとリピートするかと言うと、そこまででもないような。ただたくさん買い込む時には一つは入れておきたい、そんな味。ビールのお供にバッチリだと思った。


関連記事リンク(外部サイト)

『カルビー じゃがりこ 枝豆しおバター』ビールによく合う真夏先取りのおつまみ系新味を食べてみた!
発売20周年、夏の『じゃがりこ<とうきびバター醤油>』再登場!噛むほどにバター醤油のコクが押し寄せる!
『じゃがりこ ゴロゴロチーズベーコン』ファンに激震!新シリーズは具のチーズがポコっと盛り上がる意欲作!
『じゃがりこ ゴロゴロ ほたてバター』新シリーズ開幕!具材のほたての存在感で圧倒する新生じゃがりこ!
おかえり『じゃがりこ アボカドチーズ』復活販売!噛むほどにアボカドのまろやかな甘さが押し寄せる!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP