ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐野岳が選ぶ「思い出の曲」ベスト3

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「BMW SOUNDS GOOD」。9月4日のオンエアでは、俳優の佐野岳さんに「思い出のドライブソング」ベスト3を選曲していただきました!

現在放送中のドラマ「仰げば尊し」でも注目されている佐野さんですが、俳優を志したきっかけは「幼い頃から目立ちたがり屋だったから」とのこと。当初は、俳優に限らず「テレビに出ること」を目標にしていたそうですが「仕事をやっていくうちに役者のお仕事は魅力がいっぱいあるな…ということで、役者を選択しました」と話します。

そんな佐野さんが選ぶ、思い出のドライブベストソングは…

3位「空に星が綺麗」(斉藤和義)
又吉直樹さん原作のドラマ「火花」の挿入歌であるこの曲。佐野さんはこのドラマが大好きなのだそう。

「若手芸人がトップに昇りつめるために頑張って努力して…っていうストーリーなんですけど、役者の自分にも置き換えられて。『自分を貫き通すのか、周りに合わせるのか』っていう葛藤って誰にでもあると思う」

2位「カウント10 」(竹原ピストル)
この曲は「仰げば尊し」の共演者である太賀さんに教えてもらったそうで「なんだこの曲は!」と衝撃を受けたのだとか。

佐野さんの自己分析では諦めがちな性格なのだそうですが、歌詞が伝えようとしている「自分で鳴らしたゴングじゃないけど、そういった状況の中で、でも自分はカウント10を数えないよ」というメッセージがグサッと刺さり、諦めそうになったときに聴くそうです。

1位「Believe in yourself」(阿部真央)
マネージャーさんに教えてもらった曲だそうですが「今の自分自身にピッタリな曲だな」ということから選曲していただきました。

今回選んでいただいた3曲を見て「『自分と向き合って諦めるな』っていうメッセージが多いですね?」と聞くレイチェルに、佐野さんは「今しっかり向き合って頑張らなきゃいけない時期だと自分でも思っているので、必然的にこういう『頑張れ』っていうメッセージがある曲に惹かれちゃってますね」と答えてくれました。

佐野岳さんおすすめの曲、ぜひチェックしてみてください!

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP