体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外移住は憧れだけじゃ無理?海外生活を楽しめる人の4つの特徴

近年、海外で暮らしたい、海外で働きたいという人が増え、改めて海外移住に対する注目が高まっています。しかし、日本とまったく異なる環境で暮らしていくことはラクではなく、海外生活を楽しむためにはそれなりの姿勢が問われます。現地に行ってから「こんなはずじゃ・・・」とならないためにも、海外生活に向いている人の4つの特徴をご紹介しましょう。

好奇心旺盛

憧れだけじゃ無理?海外生活を楽しめる人の4つの特徴

文化、習慣、言語、風景、気候など、海外は日本とは違うことだらけ。そういった未知の物事や人々にどう向き合うかが海外生活を楽しめるかどうかの分かれ目になってきます。現地の文化や習慣を積極的に学ぼうとする姿勢があれば、日々の生活自体が学びの連続、発見の連続になります。また、楽しんで現地語を学ぶことができれば、現地での交友関係も広がります。

違いに興味を持たず、その違いの背景を探ろうとせずただやり過ごしてしまうのはとてももったいないこと。未知のものや人に対して心をオープンにし、自分の興味にしたがって動いていれば、きっと現地における自分の世界を広げてくれるでしょう。

自立している

憧れだけじゃ無理?海外生活を楽しめる人の4つの特徴

海外生活においては自分で自分の居場所を見つけることがとても重要です。基本的に海外に移住すれば人間関係も一から構築することになりますし、現地で生活するうえでのルールや生活習慣も一つひとつ自分で学んでいく必要があります。勝手知ったる日本と違い、外国でそれを実践するのは簡単ではありません。だからこそ、自立が問われるのです。

仮に現地で頼りになるサポーターがいたとしても、他人に頼ったままでは移住先の国で「自分の足でしっかり立って歩いている」感覚はいつまで経っても味わえません。「最終的に自分の面倒を見るのは自分自身である」と、自分の人生に責任をもつことを決めましょう。

■あわせて読みたい
海外移住してから気づいた日本のよいものベスト10〜NY在住者が実感!〜

海外移住【1】在住者が語る、イギリスに住んで良かった点、悪かった点
海外移住【2】在住者が語る、スペインに住んで良かった点、悪かった点
海外移住【3】在住者が語る、フランスに住んで良かった点、悪かった点

変化を楽しめる

憧れだけじゃ無理?海外生活を楽しめる人の4つの特徴

海外移住するとなると、それまでの生活をガラッと変えなければならないことがほとんどです。海外に移住してしまえば日本の友人や家族とは滅多に会うことができなくなりますし、食生活も日本と同じようにはいきません。

さらには新しい言語を学んだり、移住先で新たな仕事を見つける必要が出てくる場合もあります。小さな変化もあれば人生の転機となるような大きな変化もあり、海外生活は大小の変化の連続です。

憧れだけじゃ無理?海外生活を楽しめる人の4つの特徴

変化を経験するとき、私たち人間は不安やストレスを感じがちです。それ自体は人間の防衛本能なので自然なこと。しかし、感情に流されてしまってはいけません。変化のなかには自分にとって辛いものもあるかもしれませんが、物事には必ずプラスの側面もあるものだからです。

たとえば、ドイツの地方都市に暮らす筆者にとって、遊びに行く場所があまりない、日曜日にはスーパーすら閉まるという現在の環境は、以前の日本の便利な生活とはかけ離れたもの。しかし一方で、日曜日には散歩やサイクリングを楽しんでパートナーと穏やかな時間を楽しむことができますし、ドイツを拠点にヨーロッパ各地を気軽に旅行できるというメリットもあります。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。