体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【驚愕のコスパ】中野ブロードウェイで味わえる「100円ナポリタン」の正体を突き止めよ!

f:id:uralatokyo:20160630152824j:plain

先日、知人から「中野ブロードウェイで『100円ナポリタン』が食べられるらしいよ」というウソのような噂を聞いた。「ナポリタン」とは、みなさんご存知のあの、ケチャップなどの調味料をパスタに絡めた日本生まれの和製スパゲティのことです。

「このご時世に100円で『ナポリタン』が食べられるわけがなかろう」と疑いつつ、まずはネットで検索してみる。と、ブロードウェイの4階にある「シャルマン」というお弁当屋さんで、たしかに「100円ナポリタン」を販売しているらしい。しかし、そうなると次に気になるのはその味と量です。

「駄菓子みたいな代物なんじゃないの?」「量が少ないんじゃないの?」と、次々に疑問が湧いてきます。

「実際に自分の目で見て、食べてみないとなにも分からん!」ということで、噂の真相を突き止めるべく中野ブロードウェイへと向かいました。

このときの時刻は午前10時前。アニメやマンガ関連のお店が軒を連ね、アキバに並ぶオタクの聖地とされるこの場所も、この時間は朝の静寂に包まれていました。階段を探し、「シャルマン」がある4階へと歩みを進めます。

中野ブロードウェイの1階から3階までは何度か来たことはあったが、4階は倉庫や事務所が多いのでほとんど来たことがありませんでした。「本当にこんなところに『100円ナポリタン』があるのか……」と一抹の不安がよぎったその時、通路の角にお弁当のパックが山積みになっているお店を発見! 「あった、ここだ!」

f:id:uralatokyo:20160630153005j:plain f:id:uralatokyo:20160630153030j:plain

壁には「CHARMANT」の看板が。やはりここで間違いありません。

お店をのぞくと、あった! 本当に「ナポリタン」が100円って書いてあるぞ。

f:id:uralatokyo:20160630153054j:plain

ナポリタンのほかにも、「てりやきチキン弁当」や「ポーク生姜焼弁当」、「チキンカツライス」など豊富なラインナップがあり、価格はどれも超良心的。こちらもかなり美味しそうなのですが今回は我慢して、ナポリタンと「カボチャの煮物」と「きんぴらゴボウ」をチョイス。いずれも100円なので、会計は300円也。うーん、安い!

私の前のお客さんは2パック買っていたがそれでも200円。2パック食べればかなり満腹になるはず。「お金がない」とカップラーメンばかり食べている苦学生がいたら、ぜひここを教えてあげたいですね。

f:id:uralatokyo:20160630153113j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。