ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Siri」対応の客室が登場!音声コマンドで照明やテレビを操作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

室内の照明、エアコン、テレビなどをすべて音声で操作して快適空間に−。

まるでSFのワンシーンのような客室が、米国の大手ホテルチェーン、スターウッドホテル&リゾートが展開するアロフトホテルに登場した。

・専用iPadを設置

この音声操作を支えているのが、AppleのHomekitと秘書機能アプリ「Siri」。部屋にiPadを備え、インストールされた専用アプリを介してそうした操作ができるという仕組み。

宿泊客は操作するにあたって、まずテレビでインストラクションを受ける。セットアップにかかる時間は2分ほどで、すぐに音声コマンドで照明などをコントロールできるようになる。

・プリセットモードも

最も使うであろうコマンドに室温と照明の操作があるが、いちいち調整するのは面倒だ、という人のために、専用アプリではいくつかのプリセットモードも用意されている。

例えば、部屋を暖かく快適にしたい時は「relax」、朝に照明を少しずつ明るくしたい時は「revive」と言うだけでいい。

その他、聞きたい音楽を流すように命令したり、外の気温を尋ねたりといったこともできる。

・まずは2カ所で提供

この新サービス、まずは米国のボストンとサンタクララのホテルで提供し、利用客の感想などを分析する。好評であれば、他のアロフトホテルでも展開するとのこと。

ホテル業界では、ルームサービスにロボットを活用しているところもあるなど、サービス産業にとって今後AI活用は大きな流れになりそうだ。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP