ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大腸がん、合併症起こすと七転八倒の苦しみや精神的辛さも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間で病死で亡くなった人の死因の53.4%(厚労省『人口動態統計月報年計の概況』、2014年)を「がん」「心疾患」「脳卒中」の三大疾病が占めている。その予防や治療に関心が集まるのは当然だろう。

 しかし、その先にある「三大疾病にかかるとどのような最期を迎えるのか」までは考えたことがない人も多いのではないだろうか。「がんは痛い」「脳卒中は苦しい」などといった恐怖のイメージばかりが先行しているが、三大疾病の中にも「幸せな死に方」や「不幸な死に方」があることは知られていない。

 まず、1年間で36万7943人(厚労省『人口動態統計月報年計の概況』、2014年、以下死者数同)が亡くなる死因第1位(28.9%)の「がん」はどうか。がん自体が痛みを与えるばかりか、抗がん剤治療を開始して脱毛や吐き気と闘っても、治る保障はない。「ポックリ死ぬ」とは対極の闘病生活があるからこそ、誰もが恐れる病気である。昭和大学横浜市北部病院緩和医療科の岡本健一郎・医師が解説する。

「がんの痛みは、がん細胞が臓器の奥深くにあるなど神経に触れることがなければ『炎症性の痛み』であり、モルヒネなど医療用麻薬を用いて緩和することができます。しかし、神経が集中する骨や胸膜、腹膜などにがん細胞が広がると『神経性の痛み』に変わる。直接神経を刺激するので強烈で、モルヒネなど通常の薬物治療では対応が難しい」

「痛いがん」の代表格が前立腺がんだ。5年生存率ほぼ100%といわれ、進行は遅い。排尿障害などの初期症状から「見つかりやすいがん」でもある。しかし、「排尿障害などがないために発見が遅れ、進行してしまった前立腺がんは、骨盤や大腿骨などに転移しやすい」(「がん難民コーディネーター」の藤野邦夫氏)という。3年前に夫を前立腺がんで亡くした山崎美恵子さんが振り返る。

「がん細胞が尿道を塞ぐので、尿を出せない痛みにとても苦しんでいました。亡くなる2年前には肋骨や背骨にまで腫瘍が転移し、ベッドに寝たきりになりました。ほんの少しの咳でも叫び声をあげるほど痛かったようで……最期は寝返りもできず、唯一の楽しみだった野球中継も諦めて、ただ天井を見つめるだけ。可哀想で見ていられませんでした」

 前出の岡本医師によれば、骨転移でがん細胞が骨髄の中にまで入り、神経を圧迫する痛みは「ぎっくり腰の人が無理やり背筋を伸ばしたとき」に近いという。

 大腸がんは合併症を引き起こすと七転八倒の苦しみを味わう。

「大腸自体は痛覚を伝える神経が少ないため、大腸がんそのものでは痛みを感じにくい。しかし、進行して腸閉塞を起こすと、便の詰まった部分が膨らんで周辺の神経を刺激し疝痛(せんつう=周期的に現われる腹部の激痛)に襲われます」(岡本氏)

 大腸がんには精神的にも参る症状が伴う。

「腸閉塞で便が出なくなると繰り返し嘔吐するようになり、胃液だけでなく、腸から逆流した悪臭を発する汚物まで吐くようになった。肉体的負担も大きいが、それを見られることや家族に後始末をさせることが何より辛い」(大腸がん患者・60代男性)

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

【関連記事】
【書評】下痢やおならのしくみ等尻の病気や悩みを解説した本
日本人に増加の大腸がん 赤肉や加工肉摂取量増加との関連も
女性ががんにかかりやすい部位 1位乳房、2位は大腸、3位は肺

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP