ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

犬に洋服を着せる行為に畑正憲氏「あれはあれでいい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間と動物に区別はない。その言葉を畑正憲ほど、純粋に実践した人間はいないのではないか。

「生命として地球上に存在するためには単体では生きられない。生命同士の繋がりが不可欠なんですね。とすれば人間と動物の区別なんてないでしょ」

 畑は事も無げにそう語った。そもそも1967年に刊行した畑のデビュー作のタイトルが『われら動物みな兄弟』。畑の生涯を貫く太い柱である。では、いま私たちは兄弟たる動物とどのような関係を築くべきなのか。社会のなかで動物はどうあるべきなのか。

 しかし、である。いくつかの質問を投げかけたものの、急に黙りこくって外を見はじめたり、答えがちぐはぐだったりとどこか気もそぞろ……。幾度目かの質問に応えた畑は、また話を中断して窓の外のカラマツ林に目をやった。その視線を追うと窓を黒い小さな影がフッと横切った。畑は声を潜める。

「……きましたね。こうやって毎日エサをもらいにくるんです」

 窓のそばにまでやってきたエゾリスが、畑をジッと見詰めていた。野生動物との距離の近さに驚いていると畑は「左へ行け」とジェスチャーで示す。リスが指示通りに動くものだから、なおさら驚いた。隣室に入ると小窓の前で、後ろ足で立ったエゾリスが待っていた。

「慣れるまでには時間がかかるから、いつ来てもいいように気を張っておかないといけないんです」

 そう。畑は、エゾリスの来訪を待っていたのである。リスにエサをあげたあとは、幼いころからテレビで慣れ親しんできたムツゴロウさんそのままだった。

 1971年に北海道の無人島に移住し、翌年厚岸郡浜中町にムツゴロウ動物王国を開く。さらに1979年にムツ牧場を開園。その後、21年間にわたり放送されたフジテレビの『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』を通して私たちが知った過剰にも感じる独特の動物愛は、81歳のいまなお健在だ。

──いつから人間と動物に区別はないと考えるようになったんですか?

「ぼくが若いころ動物行動学者の多くが『動物を客観的に見るためには、人間が介入しちゃいかん』と主張していたんです。でもぼくは逆なんじゃないかと思った。動物と人間のかかわりを考えないで、なんのための動物行動学か、と。徹底的にかかわっていこうと決めたんです」

──一般的にはいまはペットくらいしか動物と触れあう機会はありません。

「ぼくたちの時代に比べれば、確かにそうですね」と畑は満洲で過ごした幼少期を振り返った。

「うちの前に豚舎がありましてね。朝、学校に行くために家を出ると、メス豚が子どもを生んでいた。ぼくらの世代は動物が本当に身近だったから、もうぜんぜん違いますよね」

 でもね、と畑は続ける。

「いまは犬に洋服を着せて散歩させている人がたくさんいるけれど、あれはあれでいいんです。人間が犬や猫を飼っているのか、飼われているのか分かりませんが、関係を築いていくわけですから、互いに変化していくわけでしょう。

 動物と繋がるということは、自分が思い通りにならない世界を知ることなんですね。人間同士も同じです。一緒にいれば、快もあれば、不快もある。それが現実なんです。現実を知らないバーチャル社会を象徴するのが、こないだ障害者施設で起こった事件でしょう」

 畑が言及したのは、相模原市の福祉施設で重度障害者19人が殺害された事件である。

「あれは、自分の狭い世界をとことん突き進んでしまった結果、起きた事件です。要するに、広い愛情を他者に持てなかった。障害者は社会の邪魔だ、手間ばっかりかけやがって、と。自分の思い通りにならないことに我慢できなくなってしまったわけですよ」

 19人を殺害した容疑者は、劣性遺伝子を排除する優生思想を唱えているという。事件は残虐極まりなく、絶対に許せない。ただ、畑に聞いてみたいことがあった。動物界は弱肉強食の原理に貫かれており、それは優生思想の原型なのではないか、と。「いやいや、強い者が勝つとは限らない。そんな単純な世界ではありません」と即座に否定した。

「一夫一婦制の鳥のオスはほかの強いオスから自分の巣やメスを守るわけですが、ケンカしている最中に違う鳥が巣に忍び込んでメスと交尾する。遺伝子を調べると27%がつがいの子どもではないんですよ」
(文中敬称略)

【プロフィール】畑正憲(81)/ 動物研究者 1935年福岡県生まれ。満洲開拓団に家族で参加。6歳から小学校3年まで同地で生活。東京大学理学部卒業。学習研究社で記録映画製作に従事した後、作家として独立。1980年よりテレビ番組『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』がスタート。多忙を極めたが、趣味の麻雀のためなら徹夜も厭わなかったという。

聞き手■山川徹(ノンフィクションライター)

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
人間以外で唯一あえぐアカホエザル 絶頂時「ホォ~」と絶叫
殺処分0目指した動物愛護センターの10年間の活動を追った本
上野動物園でいちばんえさ代かかるのはパンダで1日11000円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP