体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BACK HORN、10月19日にニューシングル&ツアーDVD同時発売決定

THE BACK HORNがニューシングル「With You」と、最新アルバム『運命開花』に伴うツアーの模様を収めた完全生産限定盤のツアー DVD『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』を、10月19日(水)に発売することを発表した。
THE BACK HORN (okmusic UP's)
『悪人/その先へ』以来、シングルとしては1年振りのリリースとなる「With You」は、近年のシングルではなかった久々のバラード。サウンド面でもストリングスとピアノが加わり、亀田誠治がプロデュースで参加するなど、新たな試みにより生まれた楽曲は、山田将司のボーカリストとしての表現力、それぞれがプレイヤーとしても充実の季節を迎えたTHE BACK HORNの新境地ともいえる作品となっている。

カップリングには、新曲「言葉にできなくて」、2015年に開催したワンマンライブ 「KYO-MEI SPECIAL LIVE」~人間楽団大幻想会~ から、スペシャル編成での「世界中に花束を Live at 渋谷公会堂」を加えた全3曲が収録される。

シングル初回盤の特典DVDには、『「KYO-MEI SPECIAL LIVE~人間楽団大幻想会~」 Live at 渋谷公会堂』を収録。建て替えのため現在は閉館された渋谷公会堂で2015年4月に行われたワンマンライブから、ストリングスとキーボードを交えたスペシャル編成を含むライブの模様が、「光の結晶」「涙がこぼれたら」「美しい名前」「戦う君よ」といったシングル曲や、インディーズ期の「泣いている人」など6曲にわたり収録される。

完全生産限定盤のTOUR DVD『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』は、2年振りのオリジナルアルバム『運命開花』のリリースに伴い敢行した全35公演に及ぶツアーより、6月12日(日)に新木場STUDIO COASTで開催された最終公演を全曲収録したDISC-1と、ツアーの模様をTHE BACK HORNメンバーとスタッフが撮影した約1000時間に及ぶ密着映像を、今回初めてギター・菅波栄純が自ら監督・編集を行ったDISC-2からなるDVD2枚組。収録時間は合計200分を超える大ボリュームな作品となっている。さらに、ベース・岡峰光舟と、カメラマンの橋本塁が撮影したツアーフォトによるフルカラー全80ページに及ぶ「スペシャルフォトブックレット」を封入した完全限定パッケージ。

なお、DISC-1収録の新木場公演の模様は、ニコニコ公式生放送で中継された映像とは異なり、カメラ台数が増えた新たな編集で、より迫力のある映像を楽しむことができる。また、DISC-2も放送分から新たに追加された内容となっている。タワーレコード全国各店/タワーレコードオンラインでは、シングルの先着購入特典としてオリジナルステッカーが、シングルとTOUR DVDの同時購入特典として、運命開歌ツアーでステージに掲げられた岡峰光舟デザインのバックドロップをミニサイズにした「運命開歌風呂敷」が用意されている。

THE BACK HORNは、11月から初となるホールツアー『「KYO-MEIホールツアー」~月影のシンフォニー~』がスタート。11月11日(金)に大阪・NHK大阪ホール、11月18日(金)福岡・福岡国際会議場メインホール、11月24日(木)愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール、11月27日(日)宮城・電力ホール、12月8日(木)東京・中野サンプラザホールの5公演を開催する。

シングル「With You」
2016年10月19日(水)発売 

【初回限定盤】(CD+DVD)

VIZL- 1072/¥2,000+税

【通常盤】(CDのみ)

VICL- 37231/¥1,200+税

<収録曲>

■CD

1.With You

2.言葉にできなくて

3.世界中に花束を Live at 渋谷公会堂

■DVD※初回限定盤のみ

『KYO-MEI SPECIAL LIVE~人間楽団大幻想会~』 Live at 渋谷公会堂

1.オープニング–朝靄の羅針盤-(Live SE「KYO-MEI SPECIAL LIVE」~人間楽団大幻想会~)

2.航海

3.光の結晶

4.涙がこぼれたら

5.泣いている人

6.美しい名前

7.戦う君よ

DVD 『KYO-MEIツアー ~運命開歌~』
2016年10月19日(水)発売

【完全生産限定盤】(2DVD+BOOK)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。