ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嘘のような本当の話!17ヶ月も妊娠していたある中国の女性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠期間は個人差があるものの、9~10ヶ月というのが常識だ。だが中国南部にある湖南省の妊婦はなんと、17ヶ月待った末に出産の日を迎えたという。

https://www.youtube.com/watch?v=e0mLEL-9bSc

<odditycentral.com>によると、この妊婦、ワンさんの出産予定は2015年11月。だが実際に出産したのは、それから8ヶ月後の2016年8月18日だった。出産がこれほど遅れたのには、胎盤が出産に向けて十分に育っていなかったことが原因だとされている。

中国の地元メディアによると、ワンさんの妊娠がわかったのは2015年2月のこと。だがそれから9ヶ月後に病院を訪れたところ、胎盤が出産に耐えられるほどになっていなかったと言われてしまった。これは、胎盤が通常よりも低い位置にあるため子宮口をふさいでしまう状態”前置胎盤”が原因だったとか。ちなみに前置胎盤は、妊娠200件のうち1件の割合で起こるそうだ。

その後、妊娠14ヶ月の時点でワンさんは出産の準備ができていると思ったそうだが、今度は帝王切開に耐えられるほど胎児が育っていないことを理由に、再び延期となった。

「あまりにも長い間妊婦でいるのは、恥ずかしい気もしました。来月はきっと安心して出産できることを望んでいます」と、出産前のインタビューに答えていたワンさん。「診察だけでも1万元(約15万円)かかるんです。もうこれ以上は無理です」とも。さらに、あまりにも長い妊娠期間で体重は26キロも増え、母体にも負担がかかっていた。

紆余曲折を経て、今年8月18日に3,800グラムの赤ちゃんを無事出産したワンさん。中国の『人民日報』紙によると、人間の最長妊娠期間は1945年に375日(1年と10日)で出産したアメリカ人女性ブーラ・ハンターさんだが、ワンさんはそれをはるかに超えている。

■参照リンク
http://www.odditycentral.com/news/chinese-woman-claims-she-was-pregnant-for-17-months.html

関連記事リンク(外部サイト)

世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
「スタジオジブリ総選挙」中間結果発表! 上位5作品は果たしてどの作品!?
【世界中で絶賛!】U-12バルセロナと大宮アルディージャジュニア、試合後の選手同士の心の交流が話題に
猫を飼うことで健やかに? 猫を飼うべき4つの理由
赤西仁と山田孝之がユニット「JINTAKA」結成! 9月発売のデビューシングルには豪華特典アリ

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP