ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

亡くなった常連客の席に「いつものメニュー」をお供え、レストランの対応に遺族感涙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お気に入りのレストランやバーを持っている人は多いだろう。なかには「味はイマイチだけど雰囲気が好き」という人もいるのでは。何年も通い続けた結果、単なる客と店員の垣根を越え、友情が生まれることもある。

そんなレストランと常連客の強い絆がうかがえる1枚の画像がSNSに投稿された。投稿したユーザーは、米サウスフロリダにある「La Bamba」というレストランに通う家族のひとりで、2歳でこの土地へ越してきて以来、週に一度は訪れているという。食事がおいしいのはもちろんだが店のスタッフが良くしてくれる特別な店だ。

投稿者によれば、その亡き父親も、この店を大変ひいきにしていたようだ。「病気になり、食べ物が食べられなくなる前に、最後に食事をとったのもここでした」。

「父が亡くなったのを知った店の人が、お気に入りだった席を1日リザーブして、好きだったドリンクとフライドポテトでしのんでくれたんです」。

投稿者と家族は、「だからこの店を好きになったんだ、そしてこの先もずっとお気に入りの店だよ」と、故人へのはからいに感激している。

Restaurant remembers my dad by leaving his favorite drink and chips at his favorite chair all day from pics

>

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
猫を飼うことで健やかに? 猫を飼うべき4つの理由
【世界中で絶賛!】U-12バルセロナと大宮アルディージャジュニア、試合後の選手同士の心の交流が話題に
【マジ天使】映画『ペット』で声優初挑戦!佐藤栞里に直撃 「心の底から楽しめたことがよかったです」
まるでぬいぐるみ!深海でおもちゃのような紫のイカが発見される【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP