ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べるほど美肌になれる“ビタミンB群”の働き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ビタミンB群”は、栄養の代謝に関わり体内でエネルギーを作るビタミンです。皮膚や粘膜、髪の毛を維持する働きもあるので、しっかり摂ることで美しいお肌や髪を手に入れることもできるのです。中でもビタミンB2は脂質を分解する働きがあるのでダイエットにも効果的。これからはもっと意識してビタミンB群を摂ってみませんか?

“ビタミンB群”の種類と働きは?

ビタミンB群は、あらゆる酵素の補酵素として働き、私たちが食べ物から摂った栄養素を代謝し、エネルギーを作る働きがあります。そのため、ビタミンB群が不足すると、体にさまざまな影響が出てしまうのです。ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、B6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンなどからなり、それぞれが違う働きで補い合って働きます。

【ビタミンB1】糖質を代謝する。脳や神経の働きを正常に保つ
【ビタミンB2】脂質を代謝して肝臓に脂肪が付くのを防ぐ。皮膚や粘膜の成長を促進する
【ナイアシン】皮膚や粘膜の炎症を防ぐ。血液の循環を良くし冷え性を改善する
【パントテン酸】神経、副腎皮質を正常に保つ。皮膚や毛根に影響を与える
【ビタミンB6】体タンパクの合成、造血作用。脳の働きや神経伝達物質の生成に関与する
【ビタミンB12、葉酸】ヘモグロビンや赤血球の合成を促進。脳の生成を助ける
【ビオチン】皮膚の健康を保つ。筋肉痛を緩和する

このように、ビタミンB群はその種類によっていろいろな働きがあります。キレイな肌を保つのに必要なのはビタミンB2やビオチンですが、ビタミンB群はそれぞれのビタミンがお互いに助け合って作用するので、一種類を集中的に摂るよりも、いろいろなビタミンBを一緒に摂った方が効果的なのです。

“ビタミンB群”の上手な摂り方は?

ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、摂り過ぎた分は尿と一緒に排出されます。過剰摂取の心配はありませんが、必要なビタミンB群が不足しないようにするためには、こまめに摂取する必要があります。また、煮たり茹でたりすると流れ出してしまい摂取できる量が少なくなってしまいます。スープにするときはビタミンB群が溶け出したスープもしっかり飲むようにしましょう。煮物であれば、煮汁も飲んだ方が効果的です。

ビタミンB群は動物性・植物性のいろいろな食品に含まれているので、バランスのいい食生活を心掛けていれば、不足することはありません。ただし、偏った食生活では摂取できるビタミンBの種類が限られてしまうことも。ビタミンB群が不足しないためにも、いろいろな食品をバランスよく食べるようにしましょう。あるいはビタミンB群だけはサプリメントで補うのも良いと思います。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP