ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かぶりつきたい!! 骨付きチキンのごちそうレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

骨なしでももちろんおいしいですが、肉本来のうまみを味わいたいのならやっぱり骨付き肉が1番。部位に関わらず淡白な味の鶏肉も、骨付き肉を使うとコクとうまみが一段とアップします。これは、加熱すると骨に含まれている髄液が滲みでてくるため。髄液にはうまみやコラーゲンが含まれているため、肉が柔らかくなり、ジューシーでこうばしい鶏肉本来のおいしさが味わえるのです。そんな骨付きチキンで作るごちそうレシピをご紹介します。

じっくり焼くだけでこんなにおいしい!

骨付きチキンのローストのレシピ | 料理サプリ

鶏もも肉は骨が見えるように包丁で切り開くのがポイント。表面はパリッとこうばしく、中はジューシーな理想のチキンが簡単に作れます。

低温加熱後に焼くからしっとりジューシー

骨付きチキンのコンフィのレシピ | 料理サプリ

コンフィとはフランス料理の一種。ラードなど油脂と一緒に低温で加熱した後、フライパンで焼いた骨付き肉はうまみたっぷりの絶品!

甘酸っぱいアメリカンチェリーをソースに

鶏肉のチェリーソース煮のレシピ | 料理サプリ

骨付きチキンを焼いた後の油とアメリカンチェリーで作るソースは、本格的に見えて実は簡単。レストランの一皿のようなごちそう感があります。

どの料理も思わず手づかみしてかぶりつきたくなるものばかり。「骨付き肉はちょっと面倒そうで……」と普段は敬遠している人も、試す価値ありのごちそうです。見栄えもいいので特別な日のメインディッシュにもぴったり。ぜひともレパートリーに加えてみてください!

関連記事リンク(外部サイト)

残暑にぴったり! 爽やかジンジャードリンク
おうちでカフェ風気分になれるヨーグルトドリンク
本場・中国ではこちらが定番! つるつる&ジューシーな水餃子のレシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP